1.東武野田線の西口から
  桜の咲く頃、カタクリも見頃をむかえる。今回は、東武野田線の逆井駅を起点
 に短い周回コースとして紹介したい。カタクリの群生地
まで1kmもない道だが狭
 い上に、ときどき車も通るので十分気をつけて歩きたい。ところどころに案内板の
 矢印があるが、毎回ここを歩くとカタクリはどこですかと道を聞かれるコースだ。
  今回は逆井駅の西口からスタートする。


   千葉県柏市逆井716,719
 2.南東に向かって
  逆井駅の東口には駅前ロータリーやスーパーがあるが、西口は細い道があるだ
 けで、本当にこの出口でよいのかと少し心配になる。駅の階段を下りた方向と逆
 に狭い道を歩き出す。道なりに進むと左に自転車置き場がある。正面に線路を渡
 る歩道橋があるが、これは登らない。



 3.線路沿いに進む
  線路沿いに南東方向に向かって行く。5分もしないうちに突き当たるので、右
 (南西)に道をとる。新興住宅街に入り、道路の色がレンガ色の舗装になったら、
 左(南西)に進む。





 4.農道をいく
  道の両側には畑が広がる農道になる。200mほど進むと突き当たりになる(写真
 参照)ので、左(北東)に道をとる。50mほどで東武野田線をわたる歩道橋になる。
 野田線は単線になっている。




 5.線路を渡り右へ
  野田線を越えて、渡りきったら十字路を右(南東)にとり、線路沿いに行く。







 6.カタクリ群生地
  50mほどで、道は緩く左に曲がっていく。傾斜がきつくなる付近から柵が現れ
 「カタクリ群生地」を示す赤い矢印がある柵沿いに下っていけば、群生地はすぐだ。
 群生地は狭い生活道路に隣接している。歩道はなく柵越しにカタクリを見ることに
 なる。時々車が通るので、十分気をつけたい。また、通学路にもなっている。
 三脚は危険で使えない。


 7.案内板
  柏市指定の文化財を示す案内板がある。






 8.北向き斜面に群生
  北向きの斜面にカタクリの群落が広がる。あまり有名ではないので、見物やカメ
 ラマンも多くない。傾斜のきつい斜面に群生するので、普通に見上げるだけでロー
 アングルから撮ったような構図になる。密集したところを撮るには300mm相当程度
 の望遠レンズがほしい。ゆっくりレンズ交換できる場所もないので、高倍率ズーム
 の出番になるだろう。


 9.線路沿いに戻る
  帰り道は、先ほどの線路を渡る歩道橋のたもとまで戻り、線路沿いに北西に向
 かう。道は相変わらず狭いが、ときおり車の往来もある。十分気をつけたい。
 いったん、道は線路と離れ住宅街に入る。100mも行くと突き当たるので、道を左に
 取ると、すぐ線路沿いに出る。



 10.逆井駅東口へ
  正面左側に歩道橋が見えてきたら、この階段を登り、線路を渡らず、そのまま
 まっすぐに下れば逆井駅東口のロータリーに出る。





コース<Index>に戻る   <Home>に戻る 


コース No.27 逆井にカタクリを求めて     cf.3月下旬

ついでにウォーキング