No.02 早春の新宿御苑
  平成22年3月14日   cf.3月中旬
 
ハクモクレン
(白木蓮) モクレン科
ハチジョウキブシ
(八丈木五倍子) キブシ科
ユキヤナギ
(雪柳) バラ科
ムラサキハナナ
(紫花菜) アブラナ科
 
クリスマスローズ
キンポウゲ科
クリスマスローズ
 キンポウゲ科
ヒマラヤユキノシタ
ユキノシタ科
ジンチョウゲ
(沈丁花) ジンチョウゲ科
ジャノメエリカ
ツツジ科
マンサク
(満作) マンサク科
シュゼンジカンザクラ
(修善寺寒桜) バラ科
サンシュ
(山茱萸) ミズキ科
 
<特集目次>に戻る  <Home>に戻る


ついでにウォーキング

『 新宿御苑は、徳川家康の家臣・内藤氏の江戸屋敷の一部がそのルーツと言われています。
明治に入り、農事試験場を経て、 明治39年(1949)に国民公園として一般公開されました。 
 広さ58.3ha(約18万坪)周囲3.5kmの園内には、フランス式整形庭園、イギリス風景式庭園、そして日本庭園が巧みにデザイ ンされ、明治を代表する近大西洋庭園といわれています。』
                                             
リーフレットより引用
 3月中旬に新宿御苑で見られる花々の一部を紹介したい。
晴天に恵まれれば、撮影とウォーキングで早春の休日を十分楽しめる。

新宿御苑
【住  所】 東京都新宿区
        内藤町11
【休  園】 月曜日

       12月28日から
       翌年1月3日まで

【入園料】 大人200円
【交  通】 
 ・JR・京王・小田急線 
  新宿駅南口 歩10分
 ・西武新宿線 
  西武新宿駅 歩15分
 ・東京メトロ丸の内線
  新宿御苑前駅 歩5分
 ・東京メトロ副都心線
  新宿三丁目駅 歩5分
 ・都営新宿線
  新宿三丁目駅 歩5分

しんじゅく【新宿】
  東京都23区のひとつ。 旧牛込区・四谷区・淀橋区を統合。古くは甲州街道の宿駅、内藤新宿※。新宿駅付近は
 関東大震災後急速に発展し、山の手有数の繁華街。東京都庁が1991年に移転。
内藤新宿(   ないとうしんじゅく)
  江戸時代、甲州街道の最初の宿駅。江戸四宿の一。 1698年( 元禄11 )高遠城主内藤家の下屋敷北側に開設。
 四谷大木戸から角筈村までの地(今、東京都新宿区新宿1~3丁目)で、青梅街道との分岐点。  <広辞苑4版>
特  集