< 写真-1 Silvertree >







 No.25 銀樹 (
Silver tree      cf.銀塩時代の写真 p.6

  
番外編<INDEX> に戻る  <home>に戻る


 2AgNO3+ Cu
  → 2Ag↓+ Cu(NO3)
2
 気の利いた先生は、生徒が興味を持って取り組める実験を数多くやってくれた。

 理科の苦手な先生が多くなったと言われる今日、科学技術立国を目指す?日本の将来が少し危ういかもしれない。

※1 この実験は、高校生以上を想定したが、経験のある指導者がいれば、中学生でも十分取り組める。
※2
1N : 1規定と読む。1リットル中に硝酸銀1グラム当量(169.87g)を含む溶液である。
    溶液の濃度は、もっと薄くても問題ない。単に、市販されていて入手しやすい薬品の一例として1Nの溶液
    とした。この溶液は皮膚に付着すると還元されて、皮膚が黒くなり、なかなか落ちないのでゴム手袋を使用
    するなど十分に注意したい。

番 外 編

ついでにウォーキング

銀樹の作製実験 ・・・・ 化学の実験ノートだったら次のように記録されるかもしれない。※1
【準 備】
 薬品: 1N硝酸銀溶液※2 ,銅線 太さ約0.8mm 長さ約25cm
 器具: ビーカー(300ml)、ピンセット
【操 作】
 (1) 銅線を曲げてビーカーに入る大きさの樹形を作る。
 (2) 1N硝酸銀溶液を300mlのビーカーに8分目程度いれる。
 (3) (2) のビーカーに銅線で作った樹をピンセットで静かに入れる。
【注意点】
 (1) 銅線は複雑な形にしても、析出した銀で覆われてしまうので単純な形が好ましい。
 (2) 銀の密着性はきわめて弱いので、ビーカーを揺らすと銀の結晶が落ちてしまう。
   銅線を入れたら静置すること。
【原 理】 
  硝酸銀溶液に銅線の樹を入れると銀の析出が始まる。時間の経過とともに銅線の表面に
 銀の結晶が析出して銀樹が成長する。同時に溶液の色は銅イオンのため青色になる。
 (1) 銀樹の生成を化学反応式で示すと次のようになる。
      2AgNO3 + Cu → 2Ag↓ + Cu(NO3)2
      硝酸銀   銅    銀     硝酸銅
 (2) 酸化還元反応と考えると次のようになる。
      Cu → Cu2+ +2e  @式 (酸化反応) (eは電子)
      Ag+ + e → Ag   A式 (還元反応)
    A式の両辺を2倍して、@式に加えると両辺のe−が消えてB式となる。
      Cu + 2Ag → Cu2+ + 2Ag  B式