1.亀有駅 南口からスタートする
  JR常磐線亀有駅の南口からスタートする。
 亀有駅南口交番に向かって左側(南)の祭り姿の両さん像※1が出迎えてくれる。

  ※1 「こちら葛飾区亀有公園前派出 両津勘吉」 祭り姿像が平成18年11月18日に建設された。
     北口にも両さん像がある※2ので、間違えないようにしたい。
  ※2 北口の両さん像

 2.ゆうろうど を南へ
  駅前ロータリーを南に進み、「ゆうろうど※3」と呼ばれる煉瓦道を進む。途中、右側
 の酒屋の前に樽に跨(またが)ったオジサンの像(看板?)がある。さらに進み、左側
 (東)の亀有郵便局の前から、斜めに湾曲しながら南下する細い道に入ると、すぐ
 「少年両さん象」がある。

  ※3 亀有駅南口の商店街の名称  亀有銀座商店街振興組合公式HP
 3.一里塚の黄門様
  突き当たりの道を渡り、右(西)に200mほど進むと、旧水戸街道の一里塚※4を示
 す標識と助さん、角さんと水戸黄門の石像が並んでいる。

 ※4 一里塚は、江戸日本橋を起点に一里(約4km)ごとに設けられました。塚は道路の両側に設置
     され、榎(エノキ)などが植えられました。・・・(中略)・・・亀有の一里塚は、千住宿から一里、江戸日
     本橋から三里のところに位置します。現在ではその様子を伺うことはできませんが、明治の末頃ま
     では塚の跡が残っていたようです。塚の位置は、ここから東へおよそ10m先にありました。

                                      一里塚跡の案内板より転記 

 4.曳舟川親水公園を南へ
  一里塚から50mほどで「道上小東」の交差点に出るので、左(南)に進む。広い道路
 の中央が細長い曳舟川親水公園※5になっている。

 ※5 江戸時代後期に、水運のため小舟に縄を掛けて、人が河岸から曳(ひ)いた河があった。現在は、
    清流復活事業で、は親水公園として復活・整備され、四季折々の変化が楽しめるスポットとなって
    いる。 夏は子どもの水遊び場としてにぎわう。
 5.上千葉砂原公園に寄道
  公園を約700mほど南下すると、「曳舟十三号橋」の交差点につく。ここで、コースを
 右(東)に取り、上千葉砂原公園※6に寄り道をしたい。
 
 ※6 昭和43年4月1日に開園した葛飾区立公園。交通公園としての施設のほか、園内にはふれあい
    動物広場があり、リスザル、ヤギ、ミニブタなどの動物がいる。。ポニーに乗ったりモルモットに
    触れることもできる。
 6.郷土と天文の博物館へ
  「曳舟十三号橋」の交差点まで戻り、500mほど南下すると左(東)に葛飾区郷土と天文の博物館※7があるので、ぜひ立ち寄ってみよう。

  ※7 葛飾区立の博物館。郷土のくらし・産業・歴史資料から、日本初の機能デジタル・ユニバース※8
      を搭載するプラネタリウムシステムを持つ複合施設。やや交通の便は悪いが、役所の運営する施
      設としては珍しく金・土曜日は21時まで開館している。最寄駅は京成線お花茶屋駅、徒歩8分。
     リーズナブルかつ有益で、ついでのウォーキングお薦めの寄道スポットの1つである。
  ※8 アメリカ自然史博物館が、NASAの協力のもとに制作した全宇宙の三次元地図データ.。
      太陽系の中の天体から、137億光年彼方の背景放射(宇宙誕生直後の名残の電波)まで、さま
      ざまな研究機関から提供された天体データを自由に表示できる。


 7.葛西城址から青砥神社へ
  郷土と天文の博物館を出たら、東に向かう。国道6号線を目指す。「青戸4丁目」の
 交差点付近で6号線に出る。左(北西)に進み400mほどで「青戸7北」の交差点に
 到着する。6号線を渡り、さらに東に進むと、環状7号線にでる。
 「青戸7東」の交差点の北側に、環7で東西に分断されている葛西城址がある。遺跡
 の様子は全くなく、葛西城址公園と御殿山公園になっている。※9
  東に向かい青砥神社を目指す。この付近では、青砥と青戸の二つの地名がある。
  ※9 遺跡は、葛飾区郷土と天文の博物館で詳しく紹介されている。

 8.亀有駅に戻る
  青砥神社にお参りしたら、出発点の亀有駅を目指そう。環状7号線の歩道を歩くの
 は味気ないが、約1kmでショッピングモールのアリオ亀有に到着する。買い物をす
 るも良し、映画を見るもよしであるが、ウォーキングには馴染まないと思う向きは、亀
 有駅南口の商店街(写真左)に立ち寄ってみるのもまた良い。
  この散策で、10kmほどのウォーキングになっている。
コース<Index>に戻る  <Home>に戻る


コース No.08 亀有(かめあり)南口周辺散策   cf.9月下旬

ついでにウォーキング