1.高砂駅 南口からスタートする
  京成線高砂駅※1の南口※2からスタートする。
 高砂駅からスタートするが、できれば京成線金町駅から2駅だけローカル線の旅を楽
 しんでから、ウォーキングを始めたい。

  ※1 読み方「たかさごえき」。東京都葛飾区高砂5丁目にある京成電鉄および北総鉄道の駅。駅の
     管轄は京成電鉄。高砂の歴史は「高砂南町会ホームページ」に詳しい説明がある。
  ※2 出口に南口という表示はないので注意。


 2.高砂橋を目指す
  駅から南西に向かって、バス通りを道なり進みむ。信号機のある2つ目の交差点の
 先が富士見橋で、その下を新金貨物線※3が走っている。そのすぐ先の橋が新中川
 に架かる高砂橋※4である。

  ※3 読み方「しんかね かもつせん」 JR金町駅と新小岩駅を結ぶ全長6.6kmの貨物線
  ※4 平成14年に竣工した高砂2丁目と青砥2丁目を結ぶ斜張橋(シャチョウキョウ)※5
  ※5 塔から斜めに張ったケーブルを橋桁に直接つないで支える構造の吊り橋。


 3.貨物線を横断する
  新中川に沿って堤防を100mほど南下すると、左手(東)に土手を下る道があり、
 新金貨物線の踏切が見える。遮断機のない踏切で、1日に数本貨物列車が走っ
 ている。※4左の様にローアングルで撮ると、何処までも線路が伸びているように
 見える。

 ※4 南北の交通が弱い葛飾区を南北に走る貨物専用鉄道で、旅客鉄道への転用の期待も大きい。
    しかし、この1.5kmほど北で国道6号線(水戸街道)を横切っているため、立体交差等の課題があり、
    進展していない。


 4.東用水せせらぎ通りへ
  踏切を渡りそのまま東に進む、1つ目の交差点(一口橋、信号機あり)の左(北)に
 漢方の湯(銭湯)がある。今回のコースには銭湯が3件あり、庶民的は町歩きになっ
 ている。時間があれば、立ち寄って行きたい。
  1つ目の交差点に戻り、さらに東に進み、2つ目の交差点を右(南)に折れる。250m
 ほど進むと銭湯のよう教会があり、ここから「東用水せせらぎ通り」※5になっている。

 ※5 高砂2丁目から新中川に並行して細田5丁目まで道路の中央に造られた親水公園。かつての
     用水路を
2層式河川として整備したもの。新水路の全長約300m、幅80cm

 5.高砂北公園をめざす。
  「せせらぎ公園」入口から、来た道を約100m戻り三叉路を右(東)に進むと60mほ
 どで、左側に銭湯がある。そのまま約200mの突き当たりを左(北)へ商店街の中を
 進む。約150mほどで右(東)に「団地ふれあい北通り」が分かれるので、これを進む。
 約300mで高砂北公園※6に着く。

 ※6 
約1万6千平方mの広さを有する葛飾区立公園で、街の人びとの行事や憩いの場所となっている。
    公園周辺には桜の木が植えられており、春の桜の季節はお花見で賑わう。高砂4-3-1
    交通:京成高砂駅より徒歩6分

 6.鎌倉野草園へ
  「団地ふれあい北通り」をそのまま東に進み、京成本線沿って、南東に約350mで
 踏切につく。途中、「葛飾かまくら郷土資料館」※7がある。踏切を渡り、線路から離れ
 るように北北西に約250m進むと鎌倉野草園※8に着く。

 ※7 葛飾区鎌倉2-12-1 総合教育センター内 休日 第1,3日曜日 11:00〜16:00 無料
 ※8 鎌倉公園(野草園)(鎌倉3-22-1)  約150種の山野草ががある。無料
     開園日:3〜11月…水〜日曜日、祝日、10:00〜16:00
          12〜2月…日曜日、祝日 10:00〜14:00
     交通:京成高砂駅より徒歩13分、北総線「新柴又駅」より徒歩10分

 7.鎌倉野草園の花
  10月上旬ならば、門を入って左側に「ホトトギス」が多数見られる。
 この花もシベにピントを合わせるのが難しい花の1つで、一脚があるとじっくりピントを
 合わせることができる。一脚ならば、縮めてザックに入れることができるので、三脚を
 持たないときでも是非ザックに入れておきたい。
 8.新高砂駅へ
  高架になっている北総線の下が鎌倉公園で、その中をを線路に沿って東北東に進
 み、柴又街道を渡ると、新柴又駅である。
  柴又街道を50mほど北に行ったところに、甘い香りのする南欧風のスイーツの店
 がある。チーズケーキをお土産に、お行儀が悪いが、ジェラードを食べながら電車を
 待つのも悪くない。また、JR金町駅と小岩駅を結ぶバスの便も多い。

コース<Index>に戻る  <Home>に戻る


コース No.09 高砂駅周辺散策   cf.10月上旬

ついでにウォーキング