1.JR横須賀線 北鎌倉駅から
  北鎌倉駅で列車を降り今日のウォーキングが始まる。建長寺までの道は駅前の県
 道21号線 横浜鎌倉線(通称、鎌倉街道)を南東に1200mほど進むと左側(西側)に
 建長寺の入口が見える。
  それでは味気ないと思う方は、県道を歩き始めて約30mで、左(北東)に道をとり、
 白鷺池を越え横須賀線を渡り、そのまま300mほどの先の円覚寺※1に行ってみよう。
 横須賀線の北側を線路に沿って南東に500mほど進むと、鎌倉街道に合流する。

 ※1 えんがくじ 弘安5年(1282)、執権北条時宗が宋から招いた無学祖元(むがくそげん)を開山として
     創建された 臨済宗の寺。 鎌倉五山第二位。


 2.建長寺を拝観する
  この建長寺※2の裏から鎌倉アルプスのハイキングコースになっているので、山門の
 入口で拝観料を納めて見学してから歩き始めよう。1月下旬ならば休日でも拝観する
 人は多くないのでゆっくりと見学できる。
  写真左は、この門をくぐることによって、あらゆる執着から解き放たれるという三門
 (三解脱門の略)である。

 ※2 鎌倉五山第一位の臨済宗建長寺派の大本山。 建長5年(1253)北条時頼が蘭渓道隆(らんけい
     どうりゅう)を開山として創建した、わが国最初の禅の専門道場。


 3.半僧坊へ
  建長寺の裏から、半僧坊を示す標識に従い、天狗の像が多数安置される階段を登
 ると約20分で半僧坊※3に着く。

  ※3 
半僧坊という地名は全国にある。半僧坊=半僧+坊 とすれば、
      『 半僧 : 半僧半俗(はんそうはんぞく)の略。僧でありながら、俗人のような生活をし、俗でありな
       がら、僧のような生活をすること。また、その人。 坊 : 僧侶の居所。転じて僧侶をいう。また、
       僧の名に添えて用いる。房。』  < 国語大辞典(新装版)小学館 > 
      という意味だが、各地ごとに特別な謂われがあるようだ。
 4.展望台へ
  半僧坊から、さらに急な山道を登ると、10分ほどで勝上献展望台(しょうじょうけん
 てんぼうだい)に到着する。好天に恵まれれば西側には鎌倉市から富士山まで望む
 ことができる。また南側には湘南の海が見渡せる。写真左
  道なりに歩いて約5分で、同様に眺望の良い十王岩に到着する。
 5.大平山159m
  覚園寺※4への道を右に分け(標識あり、天園ハイキングコースと書かれている)、
 大平山を目指そう。小さな起伏をいくつか越え、左側がゴルフ場になると山頂までは
 一登りだ。十王岩から約25分の登りだ。

 ※4
 読み方:かくおんじ 建保6年(1218)北条義時がこの地に大倉薬師堂を建立したのに始まる真言
     宗泉桶寺派の古寺。静寂な境内を寺僧の案内で各堂を巡り、多くの仏像に詣でることができる。

 ※5 鎌倉の情報は鎌倉市観光課が、ほぼ毎日新しい情報をアップしているので、これを活用したい。  


 6.瑞泉寺のスイセン
  山頂から南西にわずかに下ったところに天園峠の茶屋ある。茶店から南に瑞泉寺
 を目指して下って行く、地図には天台山141mが記載されているが標識もなく、気づ
 かずに過ぎてしまうだろう。砂岩をくり抜いた貝吹地蔵が左手(西)に表れる。山頂
 から約30分の道のりだ。一休みしたい、瑞泉寺※6までは15分ほどの下りになる。
 境内には、故大宅荘一氏の『男の顔は履歴書である。』と刻まれた石碑がある。

  ※6 
開基は二階堂道蘊、開山は夢窓疎石で1327年(嘉暦2)の創建四季の花は、同時に訪れる
    人々を楽しませてくれる。


 7.鶴岡八幡宮へ
  バスの便もあるが、鶴岡八幡宮※7まで徒歩30分ほどなので、住宅街を歩いてい
 こう。1月ならば、寒牡丹を見ることができる。お参りを済ませたらJR鎌倉駅を目指す
 ことにしよう。若宮大路をまっすぐに約800mでJR鎌倉駅だ。

 ※7 読み方:つるがおかはちまんぐう  鎌倉市雪ノ下にある元国幣中社。祭神は応神天皇・神功皇后。
     1063年(康平六)源頼義が石清水(イワシミズ)八幡宮の分霊を鎌倉の由比郷鶴岡に勧請(カンジ
ウ)し、
     1180年(治承四)源頼朝が今の地に移して旧名をうけついだ。鎌倉八幡宮.  <広辞苑第4版>

コース<Index>に戻る  <Home>に戻る


コース No.12 鎌倉アルプスと瑞泉寺     cf.1月下旬

ついでにウォーキング