1.京成四つ木駅から
  今回は、夏の夕方に薦めたい「ついでにウォーキング」ならではのコースだ。
 京成押上線四つ木駅で下車する。急行は止まらないので注意したい。改札口を出
 てすぐ右(南東)の道を線路に沿って荒川土手の方向に(南西)に100mほど進む。
 突き当りの車道の一つ前の道を左(南東)に折れると、50mほどで駐輪場の料金所
 がある。
 2.スロープを登って
  駐輪場の前のくねくねと曲がるレンガ敷きのスロープを登る(写真左)。信号の
 ある横断歩道で車道(新荒川葛西堤防線)を渡る。目の前には綾瀬川が見える
 ので、今度は木根川橋※1で綾瀬川を渡る。


  ※1 読み方:きねがわばしなぜ、綾瀬川に架かる橋の名が木根川橋なのか調べた範囲では
      不明だったが、木根川の地名は室町時代からある古い地名のようだ。また、現地調査を要
      する課題が増えてしまった

 
 3.土手を行く
  木根川鉄橋の左には東京スカイツリー※2が見える(写真 左)。綾瀬川を越えた
 ら、すぐ左の土手の道を行く。東京スカイツリーも間近で見たいが今回は、荒川は
 渡らないので注意したい。

  ※2
 (Tokyo Sky Tree) 東武タワースカイツリー株式会社が、東京都墨田区押上一丁目1番2号地
      に建設中の電波塔。高さ634m、施工者 株式会社大林組
 4.東四つ木避難橋
  木根川橋から約300m土手沿い(南東)に進むと、東四つ木避難橋(トラス橋)に
 到着する(写真 左)。この橋の中央付近が葛飾ハープ橋※3の撮影ポイントだ。
 日が暮れるのをここで待っても良いが、もっと近くの撮影ポイントも探してみたい。

  ※3 首都高速中央環状線四つ木IC~平井大橋IC間の橋で、夜にはライトアップされ葛飾の名所の
      ひとつとなっている。
東京都葛飾区東四つ木1~西新小岩3 
 5.葛飾ハープ橋
  土手の上は、散歩やジョギング、サイクリングの人の往来も多い。間近で斜張橋
 の迫力のある映像を撮りながら、日が沈むのを待とう。
 6.東京スカイツリー
  運良く夕焼けに恵まれたら、建設中の東京スカイツリーのシルエットを夕焼けの
 中に撮影することが出来る。川風が強いので、しっかりした三脚は必需品だ。
 7.運河とハープ橋
  薄暮までに、東四つ木避難橋に戻りたい。避難橋には照明があるが、土手には
 街灯は全くないので、十分に明るいライトと手元用のペンライトの2種類を用意した
 い。予備の電池も必要だ。
  ハープ橋のライトアップが始まり、まだ、空に明るさが残るころが撮影のチャンス
 だ。真っ暗になってしまうと、空の青さが出しにくいので、撮影に適した時間はそれ
 ほど長くない。
  露出を何段にも補正して大量に撮影すれば。最良の1枚があるはずだ。
コース<Index>に戻る  <Home>に戻る


コース No.20 荒川土手を歩く     cf.9月上旬

ついでにウォーキング