撮影技法 No.01 ローアングル 視点を変える   cf .2月上旬           ついでにウォーキング










<例 01_1 アイレベル



<例 01_2 ローアングル


 
撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


 普段見慣れた景色も、少ししゃがんで見ると違って見えることがよくある。今回は、特別な道具を必要とせず、簡単に風景を一変させる方法を紹介したい。

【ポイント】
 思い切ってローアングル
 アングルモニター付きのコンデジだと楽な姿勢で、撮ることができる。

【注意点】
@ カメラを安定させるために、三脚があった方がブレによる失敗が少ない。
A 撮影モードは、「絞り優先」か「マニュアル」が適している。
B ピントの合う範囲をひろくするために小絞にする。
C 樹木等が垂直に写るように光軸を水平に保つことが好ましい。

【作例解説】
 <例 01_1> アイレベル
 新宿御苑のポプラ並木をカメラを普通に構えて撮った風景だ。アイレベル※1での撮影だが、左右対称になるように位置を考え、さらにパンフォーカス※2を狙って絞りを絞って(絞りの数字は大きくなる)撮影した。
 しかし、遠近法の中心点が画面中央にあること、また遠方の樹木と空の境界線が画面を上下に2分して安定感はあるが、平凡な印象になっている。
 <撮影データ> 35mm相当 ,f 6.3 ,1/400秒 ,-0.3EV,PowerShot A650 IS

<例 01-2> ローアングル
 そこで、のようにカメラをずっと低い位置(地表から20cm程度)に構えて、地面が少なくなるように撮影した。<例 01_1>よりも迫力が出て、冬期に葉を落として空に向かって、すっくと立つポプラの力強さもあわせて表現できた。
 <撮影データ> 35mm相当 ,f 6.3 ,1/400秒 ,-0.3EV,PowerShot A650 IS

  ※1 目の高さ
  ※2 近景から遠景までピントが合うこと