コンパクトデジタルカメラに内蔵されているフラッシュは、夜にだけ使うのはもったいない。今回は、オキナグサ(翁草)を例に、日中でも積極的に使い、影を弱めたり鮮やかさを補う方法を紹介したい。

【ポイント】 露出は不足ぎみにして、その不足分をフラッシュで補う
 カメラの露出は不足気味に設定する。その不足分をフラッシュでカバーする

【注意点】
 @ 撮影モードは、「絞り優先」が適している。
 A カメラの露出はー1EVにした。露出は適正の1/2となる。

【作例解説】
 <例 02_1> ノーフラッシュ
 ローアングルで撮影した東京都立向島百花園のオキナグサだ。天気は今にも降り出しそうな曇り空で、薄暗いものの全体的に光は回っていて影はないが、緑色が冴えない。また、シベも暗くなっている。
 <撮影データ> PowerShot A650 IS,120mm相当,f5.6,1/25秒,露出
        補正 ー0.3EV
 
<例 02_2> 内臓フラッシュ使用
 そこで、内蔵フラッシュを使用した。フラッシュは自動調光のまま、光量を1/2の設定にした。オキナグサは、ほぼ適正露光だが、背景はややアンダーになる。色調は、ほぼ見た目に近い新緑になった。また、フラッシュ光がオキナグサの繊毛に反射して銀色に光り、オキナの白髪のイメージを表現できた。
 <撮影データ> PowerShot A650 IS,120mm相当,f5.6,1/25秒,露出
        補正 ー1EV ,フラッシュ ー1EV,

 フラッシュとは、写真撮影用の閃光装置のひとつ。キセノンガスなどを封入した放電管に高圧
  電流を通じて極めて短時間に昼光に近い光を出す装置。Electric Flash  
  一方、ストロボとは、ストロボリサーチ社製のフラッシュ。元来は商品名である。Strob。 
  各カメラメーカーの呼び名 キヤノン:スピードライト 、ソニー:フラッシュ、ニコン:
   スピードライト、パナソニック : フラッシュライト 、ペンタックス : オートストロボ。 
  平成24年6月現在当HPでは、写真撮影用の閃光装置をフラッシュと呼ぶことにする。














<例 02_1 ノーフラッシュ>



02_2 フラッシュon >







撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


撮影技法 No.02 日中シンクロ(デイライトシンクロ)  cf.3月下旬        ついでにウォーキング