< 例 116_1 大船観音 無補正


< 例 116_3 マイナス2度補正


< 例 116_4  マイナス4度補正

 






撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


 WEB上では、しっかりと水平の出ていない建築や風景などの写真を時々見かける。
違和感があり雑に撮っているようで感心しないが、被写体によっては意図的に傾けることでテーマを強調できる場合もある。今回は、大船観音を例に画像編集ソフトの使い方とその効果を紹介したい。

【使用機材】
 画像編集ソフトで調節できるので、いつも使用しているデジカメと画像編集ソフトだけでできる。特別なモノは必要ない。

【 方  法 】
 画像編集ソフトには、回転の角度を調節するツールがあるので、これで角度を指定するかスライダーを左右に動かし、テーマを強調できる角度を探したい。

【作例解説】 共通条件 : PowerShot A650 IS
<例 116_1>
JR大船駅(神奈川県鎌倉市大船1-1-1)の北口を出るとすぐに大船観音が見える。210mm相当で撮っている。分かりやすくするためモノクロ化している。水平・垂直を意識して撮っているため傾きは殆どない。

<例 116_2> 角度調整ツール
               いつも使用する画像編集ソフト( SYLKYPIX Develper Studio
               Pro )の角度調整ツールを起動した。角度の数値を直接入力
               するか、スライダーを左右に動かして傾きを調節する。また、
               水平・垂直にしたい部分を指定すると、それぞれ水平・垂直に
               修正できる。
                左の図は、+2度(時計方向に回転)に設定したところ。
  


<例 116_3> マイナス2度に設定
 下から見上げる者への観音様の慈悲に満ちた眼差(まなざ)しを強調するため、左に
2度傾けた。この程度ならば違和感はない。控えめなくらいがちょうど良いと思う。
 
<例 116_4> マイナス4度に設定 
 下を向きすぎているようで肩がこりそうだ(観音様に肩こりがあるか不明だ。)いずれも変化は僅かだが、それを感じ取る感性を養いたい

能楽師は、能面の少しの傾きで喜怒哀楽を表現するという。これを参考にしたい。

< 例 116_2 角度調整ツール >
撮影技法 No.116 意図的に傾ける

cf5月上旬 

ついでにウォーキング