江戸里神楽は、シリアスな場面のほかに思わず観客が笑い出すような滑稽さを合わせ持っている。そのコミカルさを一眼の連写機能を活かして切り取ってみた※1。高感度の手持ち撮影になるがブレ・ボケがあり、出来はあまりよろしくない。動画撮影※2を始めるまでの途中経過として紹介したい。アニメのパラパラ漫画風にまとめてみたが、ここは、やはりハイビジョンの動画が適しているようだ。

<例 135_2 >

ついでにウォーキング
















<例 135_1 熊襲征伐
 里神楽は大衆芸能だ。堅苦しいところ
は少しもない。見る機会が少ないだけ
だ。 連写できる時間は3秒ほどだ。.
これを1秒間隔のパラパラ漫画で再生
しても30秒ほどしかもたない。これでは
見応えもない。              .





撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


早稲田方面

<例 135_3 >

※1 主催者側のカメラマンでなければ三脚を構えて撮るわけにはいかない。ISO感度1600、すべて手持ち
    10コマ/秒、このスピードの連写は3秒しかつづかない。α55 

※2
 仕事のプレゼン資料の作成で動画を撮ったことがあるので、初歩的な動画撮影は理解している。
    しかし、動画は編集に多くの時間を要するため本格的に取り組むのは、毎日が日曜日状態になって
    からになりそうだ。

撮影技法 No.135 里神楽を撮る 連写機能を活かして    cf.5月下旬