動物写真をメインにしている分けでもなく、まして動物写真のプロでもない一般のアマチュアマメラマンが犬・猫以外の動物を撮るとしたら、動物園が適しているだろう。今回は動物園での撮影で留意していることを中心に紹介したい。

【ポイント】 視線と方向性に重点

   動物の撮影では、視線と方向性を意識して撮影することが多い。
(1) カメラ目線
   これは、注文しても無理だが、カメラマンに視線を向けたときには、撮っておきたい。
  当然、待って撮ることになる。 <例 14_1>、<例 14_2>  
(2) 方向線
   動物が注視している先には、敵かエサか何かの対象があるはずで、写真を見る人に
  それを意識させるような方向性のある写真を心掛けている。 <例 14_3>

【注意事項】
(1) ルール  次のことをマイルールとして守っている。
   ① 動物園は子どもの多く、時に危険なこともあるため三脚を持っていかない。
   ② 人の少ない場所では、一脚を使用することもある。
   ③ 動物を驚かすフラッシュは使用厳禁。
   ④ できるだけ、平日で開園直後の人の少ない時間帯を利用する。
(2) 予備知識
   動物の習性を調べてから出かける。当日、園内の説明を見ることも 多い。
  <例>ミーアキャットの説明には「上から来る敵(猛禽)を見張るために、交代で高い
       ところに立っています。」と書かれている。前足を揃えて尾を支えにして後足で
       直立した姿に特徴がある。<例 14_2>は、この様子を撮影した。
(3) 高感度またはスポーツモード
   動きの早い動物も多い。また、夜行性の動物のために展示館全体を暗くしている動物
  園
※1もあるためカメラのISO感度を上げるか、ISO感度が自動的に上がるスポーツモー
  ドがあるカメラではこれを活用する。

【お勧めの動物園】
   上野動物園のほかにも市や区などが運営する小さな動物園がお勧めだ。
   ・市川市動植物園     千葉県市川市大町284番地
   ・足立区生物園      東京都足立区保木間2-17-1
   ・江戸川区自然動物園 東京都江戸川区北葛西3丁目2番1号 行船公園内

上野動物園
住所 東京都台東区上野公園9-83
交通 JR、東京メトロ、京成電鉄
    「上野駅」から徒歩5分、
    東京メトロ「根津駅」から
    徒歩10分

市川市動植物園
住所 千葉県市川市大町284番地
交通
 動植物園の施設ガイド参照












<例 14_1 ライオン


<例 14_2 ミーアキャット









<例 14_3 レッサーパンダ > 

















撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


※1 上野動物園の小獣館の入口には、「内部を5ルックス※2の明るさにしてあるので、足下にご注意
    ください。」という注意書きがある。

※2 英・フランス lux〈ルックス〉から、照度の単位。記号lx 1カンデラの点光源から一メートル離れた、
    光線と垂直な面における照度を1ルクスとする。メートル燭光 <国語大辞典 小学館 1988>

撮影技法 No.14 動物を撮る(その1)   cf.12月中旬 , 10月中旬

ついでにウォーキング