常用の画像編集ソフト※1には、写真に写りこんだゴミなどを消去するためのスポッティングツールが用意されている。これはデジカメのイメージセンサーに付着したゴミ※2が写真に写りこんだ場合やフィルムスキャナーで取り込んだ画像のキズなどを消去することを目的としたツールだが、ちょっとした小技にも使える。
今回は、花弁などのごく小さな傷みを消すテクニックと画像編集ソフトの利用方法を併せて紹介したい。

【ポイント】花弁のごく小さな傷みなら、分からない程度に消すことができる。

【 手  順 】実際の作業手順にそって説明する。
<例 148_1> は、足立区清和ばら公園のフレデリック ミストラルだが、昨夜からの大雨もあり、花弁に小さな傷みがある。この程度(800×667)なら、あまり目立たないが等倍で見ると中心部ということもあり、気になるところだ
※3

<例 148_2>に、等倍にしたときの中心部を示した。a,b,cで示した位置に傷みが見られる。 a については、スポッティングツールのコピーモードを使い、色の薄い b,c については自動消去モードを使用して修正することにした。
(1)コピーモードによる修正 
            a の修正について手順と注意点から解説する。
            ◎の部分を○で指定した部分に貼り付けることで修正す
            る。それぞれの円の大きさと位置は任意に指定できるの
            で、色合いの似た部分をコピーする。コピー先の円の周
            囲のボケ具合の効果(強中弱)を選んで貼り付けること
            ができる。何回でもやり直しがきくので、違和感がない
            程度まで円の大きさと周囲のボケ具合を変更してトライ
            したい。控えめに修正することがコツになる。

(2)自動消去による修正
            b の修正について手順と注意点を解説する。
            消したい部分よりも大きな円で指定するだけで、周囲
            の色や明るさと上手く整合するように調整してくれる。
            円周囲のボケ具合(強中弱)を選ぶことができる。
            ただし、大きな修正は無理があり等倍で表示したときに
            直径数mm程度の修正が限度だ。これはコピーツールを
            使用しても同じだ。c ついても同様に修正する。


<例 148_3>に修正後の結果を示した。修正箇所ほぼ分からない。


※1 画像編集ソフトは、(株)市川ソフトラボラトリーの SILKYPIX Developer Studio Pro を
   使用している。
※2 デジタル一眼レフでは、よく問題になるが、ついでにウォーキングの主力機のコンデジでは
   殆ど問題にならない。撮像素子に付着するゴミは、外部から入るダストのほかにレフレックス
   ミラーの動きによって発生するダストやオイルミストであることが一部の機種では知られて
   いる。サブ機のミラーレス一眼では、このやっかいな問題は発生しない。ただし、レンズ交換
   時はマウント開口部を下に向けている。
※3 修正技術の優劣の前に、小さなことにも気が付く繊細な神経を持ちたい。

<自動消去による の修正 等倍>

コピーによる の修正 等倍>
 画像編集ソフトによっては、写り込んでしまった人や電柱なども、消したり移動する機能を持つものもある。この機能を使うとフォトモンタージュ ( Photomontage、合成写真 ) やフォトコラージュ( Photocollage、切貼り写真 ) のジャンルになる。
 ついでにウォーキングの目指す方向と異なるので、やらないことにしている。また、常用のソフトには、これらの機能は用意されていない。












<例 148_1 無修正 バラ



<例 148_2 修正予定か所



<例 148_3 修正後








撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


撮影技法 No.148 スポッティングツールを使う

cf11月上旬 

ついでにウォーキング