近接撮影では、マクロレンズの方か描写性能が良いことは言うまでもないが、軽薄短小を旨とするついでにウォーキングでは、クローズアップレンズ(以下CL)が活躍することも多い。今回は、クローズアップレンズの使用方法と注意点について、取扱説明書から抜粋・補足するかたちで紹介したい。なお、クローズアップレンズもいつの間にか増えてくる。

【使用方法】
 使用する撮影レンズのフィルターネジに、ねじ込んで取り付ける
※1

【注 意 点】取説には、次のように書かれている。
 ① マニュアルフォーカスでの使用をすすめる。・・・・・ 極端は接写でなければ
  オートフォーカスが機能するので、まずオートままやってみたい。
 ② 最大倍率で撮影するときは、マニュアルフォーカスを最短撮影距離に合わ
  せ、カメラ全体を前後させてピントを合わせる
※2
 ③ 画質を維持するため絞りは、f 5.6 ~ f 8 程度をすすめる。
 ④ クローズアップレンズを重ねて使用することは、すすめられない
※3
 ⑤ 精密な近接撮影にはマクロレンズの使用をすすめる
※4

作例解説】
<例 170_1> 増殖するクローズアップレンズ

 よく使用する4枚を紹介する。特にNo.2の出番が多い。1枚構成のCLの場合、色収差が出やすい。できればアクロマートレンズ
※5をすすめる。

<例 169_2> ガクアジサイ
 直径3mmほどのガクアジサイの花を撮っている。
<撮影データ> COOLPIX P7700,200mm相当,CL No.3,f5.6,1/60秒,
       三脚使用

※1 どのメーカーの取説も、このように説明されている。
※2 これはクローズアップレンズに限ったことではなく、マクロレンズでも同様だ。
※3 ここまで説明しているのはC社だけだった。他社は重ねて使用できるとなっている。物理
    的には可能だが画質的にではすすめられない。
※4 手元のクローズアップレンズの取説の中で、ここまで記述しているもC社だけだった。
    これは自社のマクロレンズへの誘導ともとれる。
※5 凹凸2枚のレンズを使用した色消しレンズ、ACと略される。やや高価になる。












 <例 170_1 CL>
 フィルター枠に書かれたNo.が大
 きいほどレンズは厚くなり、被写体
 に寄ることができる。      
,
 No.の次の数字は、本体レンズを
 無限遠に合わせたときのレンズの先
 端から被写体までの距離(mm)を
あらわす。          
,
 原則的に、この距離より遠くにはピ
 ントが合わないので、注意したい。
.



<例 170_2 ガクアジサイの花
 クローズアップレンズNo.3使用 .
肉眼では確認しにくいが、しっかり
 捉えることができる。      .







撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 

ついでにウォーキング


撮影技法 No.170 クローズアップレンズのすすめ  cf.6月中旬ほか