【作例解説】
 作例は、コンデジよりボケを期待できるマイクロフォーサーズの一眼で撮っているが、考え方は同じだ。操作方法はあまり変わらない。
<例 173_1> 木苺のタルト 

 ピント位置を木苺の上のセルフィーユ(和名:うききょうぜり、セリ科)に合わせて撮影した。絞り優先モードの開放絞りだが、背景が溶けるようなボケを見せる。
<撮影データ> DMC-GH2,40mm相当,f1.7,1/80秒 ,ISO 320  

<例 173_2> 苺のティラミス
 今度は、1段絞り、f 2としてピント位置を手前の苺の断面に指定して撮った。
<撮影データ> DMC-GH2,40mm相当,f2.0 ,1/80秒,ISO 320 

※1 カメラに感性があるわけではない。コンピュータ化したデジカメは、プログラムに従って動作する
   だけだ。 デジカメと意見が合わないときは、手動介入が必要だ。デジカメにフォーカスポイント
   を教えて、あとはデジカメに任せるのが、ついでにウォーキング流だ。

※2 フォーカスポイントをマニュアルでテーマに移動させることで、ボケを活用しつつもテーマの
   はっきりした写真になる。これは、カメラマンがテーマを意識するための作業でもある。
    見せたいところにピントを合わせ、絞らずに撮ると前景や背景をボカすことができる。さらに、
    しっかりとピント合わせをしたい被写体では一眼ので出番になる。ピントリングを廻すマニュア
    ルフォーカスだ。もっと厳密に合わせるときは、カメラ全体を前後できる微動装置に頼ることに
    なる。AF-L(フォーカスロック)という方法もあるが、手持ちの近接撮影では構え直すだけで被
    写体との距離が変わり、あまり役立たない。

※3 このコンデジは、1万枚ほどしか撮っていないが、矢印キー(ロータリーマルチセレクター)の動
   きが、少しおかしくなってきた。描写性能の良いカメラだが、耐久性に問題がありそうだ。
   NET上には、N社の一眼レフでも同様の症状が出ているという書込がある。


 

撮影技法 No.173 ピントを合わせる(その1) AFエリアの選択











<例 173_1 タルト>



<例 173_2 ティラミス>


 ① 当初の設定 AFエリアはオート  ② 手前の電池にピントが合う  ③ 撮影結果 左の電池に合掌
 ④ AFエリアをマニュアルに変更  ⑤ [ ]白枠のフォーカスエリア
   を馬の目に合わせる
※3
 ⑥ 撮影結果 馬にピントが来た

撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る


ついでにウォーキング

 ピントはカメラが合わせてくれる時代だが、近接撮影では、ピントがテーマ(見せたいモノ)に来ないこと※1がある。そこで、ピント位置をカメラに指示して、カメラにピントを合わせてもらう「ついでにウォーキング流」の方法を紹介したい。これはテーマを考える上でも役に立つ作法だ※2

【ポイント】 AFエリアをマニュアルで指定する
 カメラマンが、どこにピントを合わせるかをデジカメに教えてからシャッターを切る。これだけで、ピンぼけはかなり減る。メーカーやカメラによっ設定方法が異なるので、事前に取説を熟読して練習しておきたい。AF:オートフォーカス
 
【実験・被写体】
 ① 乾電池2本と馬の置物を黒いラシャ紙の上に、約10cm間隔で並べた。
 ② 手前の電池から約30cmの位置で、コンデジを三脚に固定した。
 ③ AFエリアの設定を変えながら撮影した。
 ④ 今回は、常用のコンデジ(Nikon COOLPIX P7700)で実験した。

【設定・効果 】 下表にデジカメの設定と効果を示した。