<例 181_2>、<例 181_3> は、朝7時に、燃やすゴミを集積場に持って行くときに気づいた近くの寺の様子だ。
ゴミ出しなので、コンデジは持っていなかった。急いで家に戻り、コンデジを持って出直した。とにかく朝は忙しい。しかも予定外の撮影だ。2,3分で撮り終えたが、手ぶれはなかった。


 「甍」と書いて「いらか」と読む。瓦(かわら)の雅語※1だ。下を向いて気ぜわしく歩いていることが多いが、たまに見上げると寺などの日本建築の瓦の美しさに驚くことある。特に晩秋は黄葉が黒い瓦に映える。セメント系スレート瓦※2葺きの屋根では、こうはいかない。今回は、偶然見つけた被写体をもとに、撮影時の注意点などをメモ程度に残したい。

【ポイント】 普段からデジカメを持ち歩き、時々上を見上げる
 重く大きい一眼をいつも持ち歩くのはむずかしい。コンパクトデジタルカメラの出番だ。被写体に近づけないので200mm相当くらいの望遠ズームがほしい。

【注意点】朝夕の時間帯を狙う
 ベタ光線※3では陰影ができない。晴れならば朝夕に立体感を撮りたい。曇りならば、しっとりとした落ち着いた絵柄を狙いたい。

【作例解説】 共通条件:絞り優先モード,手持ち撮影
<例 181_1> 滄浪泉園(そうろうせんえん)※4
 滄浪泉園の門の屋根に散ったイチョウの葉が一列に並んでいた。前日は風が強かった。整列した落ち葉と屋根との対比が面白く、紅葉とともに切り取った1枚だ。建築物は水平が出ていないと違和感があるので、しっかり構えて撮りたい。
それでも、傾いていた場合は画像編集ソフトで微調整して仕上げたい。
<撮影データ> PowerShot A650IS,100mm相当,f4,1/60秒,-0.6EV
        傾きを画像編集ソフトで+0.5度調整

<例 181_2> 法護山金連院※5の山門
 朝の横光線に陰影が付き、普段は目立たない山門の瓦が立体的に見えた。左側の大銀杏と共に切り取った。奥には本堂大屋根の卍の文字が見え、奥行き感が出た。WBは、晴れの設定なので朝日差しを受けて画面が少し赤みを帯びている。WBをオートにしてしまうと、朝の感じがなくなるので注意したい。
<撮影データ> COOLPIX P7700,200mm相当,f4,1/400秒,WB:晴れ

<作例 181_3> 本堂の鬼瓦※6
 山門をくぐると本堂の大屋根の棟を飾る鬼瓦が見えた。一対のうち向かって左側を切り取った。境内には牡丹が植えられた花壇があるが、屋根に牡丹を模した瓦があるのは知らなかった。横光線を受け、日本瓦の質感と立体感がでた。
<撮影データ> COOLPIX P7700,200mm相当,f4,1/400秒,WB:晴れ

※1 ①口頭語ではあまり使わない、上品で正しいとされることば。優雅なことば。
    ②和歌などに使われた平安時代の大和(ヤマト)ことば。< 学研 Super 国語大辞典 >

   ♪ いらーかの波と雲の波・・・♪ と歌ったことがあるはずだ。童謡 『鯉のぼり』。
   文部省唱歌。作詞:不詳、作曲:弘田龍太郎(1892-1952年)

※2 セメントを主材料とし、それらを高圧でプレスして作られる瓦のこと。

※3
被写体正面からの光線は、全体を一様に明るく照明するが、影が少なく立体感を失う。
※4 東京都小金井市貫井(ぬくい)南町3-2-28
※5
東京都葛飾区東金町3-23-13

※6 屋根の棟の両端に用いる鬼の面にかたどった瓦。また同様の所に用いるのは鬼の面がなくても
   いう。<広辞苑第4版>


撮影技法 No.181 甍を撮る(その1)  cf.11月中旬ほか













<例 181_1 滄浪泉園



<例 182_2 金連院の山門



<例 183_3 本堂の鬼瓦





撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング