カメラは、ごく一部の機種を除いてオートフォーカスが当たり前の時代になったが、オートフォーカスが上手く機能しない場合がある。そんな時はマニュアルフォーカスにすれば良い。板橋区立赤塚植物園のカタクリの撮影を例に解説したい。

【ポイント】
 オートフォーカスが不調ときは、マニュアルフォーカスを活用する。
 フォーカスの自動・手動の切り替えスイッチを確認しておきたい。

【作例解説】
<例 19_1> 撮影状況
 今回は、望遠レンズが主役なので、長いレンズでもしっかり固定できるシネ雲台を使用している。カメラはPanasonic DMC-G1K、レンズはG VARIO 45-200mm(マイクロフォーサーズ
なので、35mm換算では90-400mm相当 )を使用した。説明板の右下のカタクリを狙い400mm相当で、ほぼ画面いっぱいになった。 【注意点】 雲台の水準器で水平を確認している。

<例 19_2> 失敗例
 弱いが風あり、カタクリの花が少し揺れていて、オートフォーカスのままではピントが合わず、数カット無理矢理シャッターを切ったが、すべて後(あと)ピン※1になっていた。コントラスト検出方式※2のデジカメは、クローズアップや動体がやや苦手のようだ。
 <撮影データ> 400mm相当 ,f 5.6,1/320,DMC-G1

<例 19_3> 5倍拡大表示のモニター画面

 ライブビュー機能※3を持つデジカメには、マニュアルフォーカスを助けるために、画像の一部を拡大する機能を持っているものも多い。今回使用したデジカメにもマニュアルアシスト機能が備わっていて、画面上の任意の箇所を5〜10倍に拡大表示することができる。
 今回は、花の(シベ:雄しべと雌しべの総称)を約5倍に拡大して、ピントを合わせた。
<写真19_3>の右上の黄色の枠内を5倍に拡大した画像がモニタに表示されている。
黄色の枠はカーソルキーで上下左右に移動できる。

<例 19_4> ピントが合った1枚
 シャッタースピードはやや遅くなったが、風による被写体ブレはないようだ。作品としては不作だが、ピントはモニターで確認・調節した蕊に合焦している。
【注意】 使用説明書は実際に使用しながら、読むと分かりやすいので、操作法を覚えるまでは持ち歩きたい。
 <撮影データ> 400mm相当 ,f 5.6,1/250,DMC-G1

※1 狙った被写体よりも、後方にピントが合うこと
※2 撮影の都度、焦点を無限遠から近点まで移動させながら、最もコントラストが高くなった位置を合焦
    (焦点が合うこと)点とするため、一般的に、位相差(ズレの量)から一気に合焦点までフォーカスを
    移動できる一眼レフよりも動作は遅い。
※3 モニターの画像を見ながら、撮影する機能。コンパクトデジカメでは当たり前の機能だ。











<例 19_1 撮影状況


<例 19_2 後ピン


<例 19_3 マニュアルフォーカス


<例 19_4 シベに合焦





撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


撮影技法 No.19 花を撮る(その5) マニュアルフォーカス   cf.3月下旬

ついでにウォーキング