自生するタヌキモ※1(狸藻)を都内で見つけるのは難しいが、いつも散策する都立公園の温室前には、タヌキモを育てる鉢があり、夏の暑い時期には小さいが鮮やかな黄色の花を観察することができる。花の直径は1cmもなく、花茎は1mmほどの細さだ。わずかの風でも大きく揺れて、なかなかピントが来ない被写体だ。満足のいく作品にはなっていないが、これまでの工夫と結果に加えて、JEPG画像とRAWからパラメーターを調節して現像した画像の違いも合わせて紹介したい。

【ポイント】 高速シャッター+フラッシュで止めて写すか、風が止むのを気長に待つ
 力業(ちからわざ)になるが、不自然にならない程度にフラッシュを弱く焚き込み、瞬間を切り取りたい。高速シャッターでもフラッシュがシンクロするコンデジが有利だろう※2。または、一脚にコンデジを固定し、気長に風が止むのを待ちたい。

【注 意 点】 熱中症に注意!
 ひどく暑い時期に、屋外で待って撮ることになる。熱中症には十分に注意したい。帽子、ペットボトル(水)、塩飴、日焼け止めは必須アイテムだ。

【作例解説】 共通条件 : COOLPIX P7700 ,マクロモード,一脚
         撮影場所 : 都立水元公園 東京都葛飾区
<例 199_1> 2輪に着目 
 ひょろひょろと立ち上がる2輪に着目し、その場で10分ほど待ったが風が止まないため
内蔵フラッシュを弱く焚き、運を天に任せて10カットほど撮った中の1枚だ。背景のハート型の葉は別の植物だが、これを退
(ど)ける分けにはいかない。
<撮影データ> 65mm相当,f 4.5 ,1/320秒 ,フラッシュ M発光 光量 1/64
           簡易ディフュザー ,平成26年8月16日

<例 199_2> 無風 JPEG画像 未補正
 ほぼ無風で、ラッキーな数分だった。鉢の縁の近くにある数輪を切り取った。小さな花は小さく撮ればいいと、<例 199_1>と比べるとだいぶ小さい。露出はオートフォーカス枠連動※3(中央の花にフォーカスしている)だが、暗い背景の影響で、やや露出オーバーとなった。そこで、1/3絞りアンダーに露出補正をして撮り直したが、花弁に対して気持ちオーバー気味で、さらに背景の黒に締まりがない。
<撮影データ> 65mm相当 ,f 4.0 ,1/1000秒 ,-0.3EV,平成27年7月25日

<例 199_3> RAWデータから現像
 同時保存したRAWデータに、次のパラメータを与えて現像した。
①シャープネス : なし → ナチュラルファイン ,②黒レベル : 0 → 10% , 色温度、色調はデフォルトのままだが、<例 199_2>と比較して、立体感としまりが感じられる。
<撮影データ> 同上 ,RAWデータを現像してJPEG画像※4とした

※1 タヌキモ科の多年草の食虫植物。各地の水田や池沼に浮遊する。葉は2~3回羽状に分裂。各裂片は
    糸状で先がとがり、ところどころに捕虫嚢
(ほちゅうのう)がある。夏、葉腋から高さ10~25cmの花茎
    を水上に直立し鮮黄色の唇形花をつける。茎の先端に球状の越冬芽を作り水底に沈んで越冬する。

    <国語大辞典(新装版) 小学館>
※2 一眼(レフ)の場合は、FP対応のフラッシュが必要になる。機材が段々重くなる。
※3 場所を指定したオートフォーカスエリア(AFエリア)に露出を合わせる測光モード。スポット測光ではなく、
    AFエリアを中心とした重点測光。取説による。
※4
 単純に画像編集ソフトで<例 199 2>の露出をアンダー側に補正しても<例 199 3>と同等のコント
    ラストと立体感は得られなかった。難しい条件ほどRAW形式が力を発揮するので、条件によっては
    JPEGとRAWの同時保存を薦めたい。
















<例 199_1 タヌキモ


<例 199_2 JPEG形式


<例 199_3 RAW形式から現像


撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.199 タヌキモ撮る(その1)  cf7月下旬ほか 

ついでにウォーキング