撮影技法 No.253 ハナカイドウを撮るその1)   cf.3月下旬

ついでにウォーキング


 ハナカイドウ(花海棠)は、ソメイヨシノ(染井吉野)の満開を追いかけるように
咲く花で、いつも出遅れているカメラマンには格好の被写体を提供してくれる花のひとつだ。今回は、背景に染井吉野を配しつつ艶やかな花海棠を切り取ることで、季節の移
(うつ)ろいを表現するという難しいテーマにトライした。作例とともに現場で注意したことなどを紹介したい。

【ポイント】 快晴の日に、PLフィルターを使いたい
 曇りの日では、染井吉野の花が背景に紛れてしまう。快晴の日に副題の桜もきれいに撮るためにPLフィルター(PL-F)を使用したい。

【注 意 点】 PL-Fの回転枠を回して、空の色が一番濃くなるところを探す。

【撮影場所】都立水元公園 東京都葛飾区水元公園

【撮影機材】 DMC-G8,24~120mm相当,LEDフラットライト※1,絞り優先
       モード,ISO 200,WB:晴れ,一脚※2

【作例解説】
<例 253_1> ハナカイドウとサクラ

 ハナカイドウの鮮やかな花は遠くからでも、それと見分けることができる。
PL-Fを効かせ、ソメイヨシノが分かる程度のボケを期待して撮った。
<撮影データ> 120mm相当,f6.3,1/200秒 ,PL-F

<例 253_2> 思い切り寄る
 一脚をいっぱいに伸ばし、170cmほどの高さにカメラを構え、LEDフラットライトを入れて切り取った。空の青さが増し、コントラストのある絵柄になった。
<撮影データ> 85mm相当,f6.3,1/640秒,LEDフラットライト,PL-F

<例 253_3> 花が密集する一枝
 ハナカイドウのまわりを一周し、さらに多くの花が密集する一枝を探した。
背景をよりぼかすために、レンズの絞りを開けた。溶けていくような背景のボケは好ましいが、染井吉野であることが分かったほうが良さそうだ。
<撮影データ> 35mm相当,f4.0,1/500秒,LEDフラットライト,PL-F

<例 253_4> 一段絞る
 そこで1段絞りを絞って撮り、これを作品とした。染井吉野から花海棠への季節の「移ろい」を表現した。
<撮影データ> 35mm相当,f5.6,1/250秒,LEDフラットライト,PL-F
       

※1 LED 5Φ×54個、6V6W、色温度 5500°K、単三電池4本、光量を10段階に調節できる。
※2 一脚にカメラの重さを預けたまま、PL-Fの枠を回転したり、LEDフラットライトの光量を調
   節するなどの作業があった。高さの出るしっかりした三脚のほうが作業がしやすいだろう。














<例 253_1 >


<例 253_2 >


<例 253_3 >


<例 253_4 >

撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る