ユキノシタ(雪の下)は、いたいげな名前に加え、下側の2枚の白く大きな花弁が独特の花で、この時期には、ぜひ撮っておきたい被写体のひとつだろう。ただ
細い茎の先に咲く花は、ほんの少しの風でも大きく揺れて、なかなか撮らせてくれない花でもある。今回は、高感度設定と連写機能を活かして、切り取ることができた。作例とともに現場で注意したことなどを紹介したい。


【ポイント】 高感度(ISO 800)+連写機能で、思い切り寄る
 近所のお宅の植え込みに咲くユキノシタを道路側から数カット、撮れせてもらった。歩道のない道路で通行量も多い。三脚や一脚を構えるスペースはない。また、時間もかけられない。普段の練習が試される難しい場面だ。

【 注意点 】
時間をかけない
 自転車や車が通る道だ。周囲に注意して車が途切れたときにサッと撮りたい。現場作業(被写体の決定、ISO感度調節、撮影)は3分程度だっだ。


【撮影場所】
東京都葛飾区

【機材設定】 Panasonic DMC-8G ,60mm相当マクロレンズ,絞り優先モード
      WB:オート ,連写モード,ISO 800,手持ち撮影

【作例解説】 
<例 258_1> 中央の1輪のシベにフォーカス f 4.5 
 花が浮き出るように、背景が緑の葉で埋まるようなポジションを探した。次に
現場でf4.5の条件で、シャッター速度が1/1000秒になるようにISO感度を調節した。作例258_の1~3は連写モードで約1秒間に6枚撮った最初の3枚だ。後の3枚は風が強くなり、花が画面からはみ出してしまった(作例省略)。マイクロフォーサーズのデジカメなので、画面の縦横比は3:4になっている。
<撮影データ> ISO 800,f4.5 ,1/1000秒


<例 258_2> 2枚目

 シャッター速度が少し上がった。明るさの変化に追随しているようだ。
<撮影データ> f4.5 ,1/1250秒


<例 258_3> 3枚目

 これが最もピントが良いので、これに少し手を加えて作品にすることにした。
以下は画像編集ソフト※1の作業になる。
<撮影データ> f4.5 ,1/1000秒


<例 258_4> 四つ切相当にトリミング
 <例 258_3>をもとに、縦横比が5:6の四つ切相当になるように右側だけをトリミングし、露出を+0.2EV補正して、これを作品とした。色調は撮ったときのままだが、いい感じに仕上がっている。
<撮影データ> f4.5 ,1/1000秒

 
※1 画像編集ソフトは、(株)市川ソフトラボラトリーの SILKYPIX Developer Studio Pro 7
   を使用している。
※2 写真感光材料の大きさの一。印画紙では30.5cm×25.4cm。四つ。四つ切判。
















<例 258_1 >


<例 258_2 >


<例 258_3 >


<例 258_4 >


撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.258 ユキノシタを撮る(その1)  cf.5月下旬 

ついでにウォーキング