常用の画像編集ソフト※1には、明瞭度という画質の調節項目(パラメーター)が備わっている。まず明瞭度の説明を取説から引用する。
明瞭度は、被写体のきめ細やかな質感を調整します。明瞭度を上げると、被写体の細部をより「くっきり」とした写真に仕上げることができるので、全体的に眠い風景写真の質感を蘇らせたい場合などに効果を発揮します。また、明瞭度を下げると、女性やお子様のポートレート写真、マクロ写真では、柔らかい雰囲気のソフトフォーカスのような写真に仕上げることができます。
となっている。今回は、この明瞭度に注目して、台風などで少し傷んだバラをソフトに表現することにトライした。その結果を作例とともに紹介したい。

【ポイント】 明瞭度を下げてみる
 用語の印象からクッキリするためのパラメータ-と思いがちだが、上手く活用するとピントの芯をしっかり残しつつ、被写体をソフトに表現できる。

【注 意 点】 自由にやってみる
 自由に加工しても元画像(ファイル)には、手を加えない編集ソフトなので、何度でも最初からやり直しができる。気軽に試してみたい。

【撮 影 地】
里見公園 千葉県市川市国府台3-9 ,天候:快晴

【機  材 DMC-G8 ,28~280mm相当ズーム,絞り優先モード,ISO 200
     WB:オート,内臓フラッシュon,手ぶれ補正on,手持ち撮影

【作例解説】 
<例 269_1> 無補正
 里見公園のローゼンハイムガーデン※2に咲くコティヨンというバラだ。2mほどの高さに咲いている。逆光になり花が暗くなるので、シャッター速度がシンクロ速度以下になるまでレンズの絞りを絞り、内臓フラッシュを弱く入れた※3
左右をトリミングして、縦横比5:6の四つ切サイズに仕上げた。
<撮影データ> 50mm相当,f 7.1 ,1/125秒,内臓フラッシュ -2EV

<例 268_2> 等倍切出し

 上記写真の中央部の花を等倍(100%)に切出した。このところの台風などの影響で花弁に傷みがある。以下、画像編集ソフトの操作と結果になる。

<例 268_3> 明瞭度調節 -97
 
そこで、明瞭度(-100から100)をマイナス97まで下げてみた。ちなみに明瞭度を上げると傷みが強調されて、無残な姿になってしまう。作例省略。

<例 268_4> 調節後 等倍切出し
 中央部を等倍に切出した。ピントの芯はあるが、ソフトな描写になり、バラの名称のコティヨン※4に近い感じになった。ソフトに写すためのソフトフィルターも市販されているが、これを使うとピントの芯がやや失われる感じがする。

<例 268_5> 参考 軟調仕上げ
 参考までに、画像編集ソフトの「超軟調仕上げ」を適用してみた。眠い感じになり、華やかさは感じられない。

※1 平成30年9月から市川ラボラトリーの SILKYPIX Developer Studio Pro9 を使用している。
   それまでは同Ver7だった。明瞭度の調節機能はVer8から搭載されたが、ソフトのバージョ
   ンアップは原則1番飛ばしなので、今回から明瞭度を調節できるようになった。

※2 市川市は、ドイツ連邦共和国 バイエルン州のローゼンハイム市とパートナーシティを提携し
   ており、同市からバラの寄贈を受けている。

※3 DMC-G8のシンクロ速度は、1/160秒以下だ。背景をボカしたいので、あまり絞りたくない
   が内蔵フラッシュはFP発光できず、シャッター速度に制約がある。今回は、FP発光対応の
   外付フラッシュを持参しなかった。

※4 1 フランスの社交ダンス、またその音楽。2 多人数が踊るダンスの一種。
    3《米》(特に少女が社交界に紹介される)大舞踏会。語源 フランス語

















<例 269_1 未補正 >



<例 269_2 等倍切出し >

 


<例 269_3 明瞭度 -97% >



<例 269_4 等倍切出し >



<例 269_5 軟調仕上げ >



撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.269 明瞭度の調節(その1)  cf10月下旬 

ついでにウォーキング