撮影技法 No.276 河津桜を撮るその3)   cf.2月下旬

ついでにウォーキング


 河津桜は、染井吉野よりも早くから色鮮やかに咲き、人気があるためか各所で見かけることが多くなった。今回は、特別に機材を用意をしなくても、また、お天気があまり良くなくてもコンデジだけ、それなりの作品に仕上げることにトライした。工夫は必要だが、コンデジをバッグに入れておけば良いので、ついでにウォーキングの撮影スタイルにはぴったりだ。

【ポイント】コンデジをいつも持ち歩くバックやザックに入れておく。
 この頃は、スマートフォンで撮影する人たちが増えているが、作品に仕上げるためには、ある程度マニュアル操作ができるコンデジが適している。

【注 意 点】カメラの取説をよく読んでおく
 特に、内臓フラッシュの扱い方を練習しておきたい。

【撮影場所】千葉県松戸市 坂川河畔( 清流復活事業で、河津桜が植栽され
  ている。まだ新しく、高さは2、3mくらい。)

【撮影機材】 COOLPIX P7700※1 ,露出:絞り優先モード,ISO 100,
     WB:オート,手持ち撮影,手ぶれ補正 on

【作例解説】
<例 276_1> 無補正

 雨の降り出しそうな天気だが、空は明るい。何の工夫もせずに、見上げるようなアングルで撮ると、空の明るさに引っ張られて花は暗くなってしまう。ここで、露出をプラスに補正すると、今度は平板で締まりのな写真になってしまう。
<撮影データ> f4.0,1/320秒,85mm相当

<例 276_2> 内臓フラッシュon
 内臓フラッシュをonにした。被写体までの距離は、約1mなのでガイドナンバーを4にすれば、それだけで桜に対しては、ほぼ適正露光が得られる。実際にはGNは約3で、やや不足だがこの程度が丁度良い。正面からのフラッシュ1灯だけでは、平面的になってしまうためで、自然光と合わせて適正露光にもっていきたい。また、背景は少しアンダーにしたいので、-1EVの補正をした。
<撮影データ> f4.0,1/640秒,85mm相当、露出補正 -1EV、内臓フラッ
       シュon M 光量1/2(ガイドナンバー 3程度)

<例 276_3> 暗いバックを選ぶ
 今度は、目の高さで綺麗に咲くひと房を暗い幹を背景に切り取ってみた。
<撮影データ> f4.0,1/200秒,65mm相当マクロモード,フラッシュ M 1/64
       
<例 276_4> 花で画面を埋める
 アイレベルの房に注目し、花で画面を埋めるくらいに近づいた。鮮やかさを補うため、フラッシュをごく弱く(GN 0.1程度)に入た。被写体まで50cm程度なので、これでじゅうぶんだ。今回は、これを作品とした。
<撮影データ>f4.0,1/640秒,50mm相当マクロモード,フラッシュ M 1/64

※1 コンデジはレンズシャッターなので、1/2000秒でもシンクロする。一眼レフと異なり
   シャッター速度を意識することなくフラッシュを使用できる。















<例 276_1 f4.0,1/320秒>


<例 276_2 f4.0,1/640秒>


<例 276_3 f4.0,1/200秒>


 <例 276_4 f4.0,1/640秒>


撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る