今回は、色かぶりのある写真について、見たときのイメージに近づけるためのテクニックを画像編集ソフトの利用方法の解説も兼ねて紹介したい。

1.用語解説
 色かぶり : 写真などの画像の色合いについて、撮影場所の光源などの影響によって余
        計な色味が重なってしまうこと。例えば蛍光灯の下で撮影すると、緑色がかっ
        た 写真になりやすく、またスキャナーで取り込んだ画像には、青みがかった色
        が 加わりやすい。( color cast )
※1  <IT用語辞典バイナリ

 色 温 度 : その光と同じ色の光を完全黒体が放射する時の黒体の温度と定義される。
         単位はK(ケルビン)が用いられる。( color temperature )
          色温度が高いほど青っぽく、低いほど赤っぽくなる。初期出荷時のディスプ
         レイでは9300~9600K程度に設定されていることが多く、これは通常のテレビ
         と同程度だが、DTPや写真加工では一般に5000~6500K程度の色温度が用
         いられる。
※2    < IT用語辞典











2.編集ソフトによる色調節
(1) <例 28_1> は、オートホワイトバランスだが、小雨の降る中での撮影で、ひどい緑色
   の色かぶりが出て いる。これを画像編集ソフトで補正してみたい。
   <撮影データ> 100mm相当 ,f 3.5 ,1/250秒 ,フラッシュ ,オートホワイトバランス
              PowerShot A650 IS
(2) 画像編集ソフトで色温度の補正をした写真が<例 28_2> である。このソフトでは、
   画面の中の無彩色(白から黒までの色のない部分、純白が好ましい。)の部分を指定
   するだけで色温度を簡単に調節できる。
(3) 次に、黄色やオレンジ色の花に少し鮮やかさが欲しいので、彩度を少し補った写真が
   <例 28_3> である。これで、ほぼ完成としても良いと思う。しかし、緑色の色かぶりを
   補正したので、今度は葉の緑色がくすんで、今ひとつさえない。
(4) 最後の微調整として、画像編集ソフト特有の機能の「記憶色1」を試しに適用すると
   <例 28_4> の写真になった。
    全体的に派手な印象になり、落ち着いた小雨のゆり園の雰囲気はないが、色乗りは
   コテコテと言うほどでもなく、梅雨の小雨が続く中、一瞬の晴れ間の輝きをイメージでき
   る写真になった。

画像編集ソフトは、(株)市川ソフトラボラトリーの SILKYPIX Developer Studio Pro を使用している。
カラーモードに記憶色というカテゴリーがあり、記憶に残っているいわゆる綺麗な色を再現することができる。しかし、色がコテコテになってしまうこともあり、あまり使用しないが、<例28_4> のように上手くいくこともある。

※1 写真を見た方が感覚的に分かりやすい。 <例 28_1>は、緑に色かぶりしている。小雨の降る中で、
   オートホワイトバランスモードでの撮影だが、自動補正は十分には働かず、全体に緑がかっている。
   イメージどおりの画像に仕上げるには知識とテクニックが必要だ。

※2 温度の低い黒体から放射される光には、赤い光りが多い。ろうそくの灯りは約2000Kであるが、ろうそく
    の炎の温度が約1700℃( 2000-273 = 1727 ≒ 1700 )という意味ではなく、この光のスペクトル※3
    が、2000Kの黒体の出す光りとほぼ同じであるという意味になる。

※3 可視光をプリズムで分光して現れる赤、橙(だいだい)、黄、緑、青、藍、紫などの色づいた帯。
    松田聖子の 「硝子のプリズム」 の中に ♪赤・橙・黄・緑・青・藍・紫 もう … 屈折しそう♪ と出てくる
    「 せき ・ とう ・ おう ・ りょく ・ せい ・ らん ・ し 」 のことである。

撮影技法 No.28 色かぶりを補正する イメージに近づける_2








<例 28_1 オートホワイトバランス


<例 28_2 色温度を自動補正


<例 28_3 彩度を少し補う


<例 28_4 記憶色による補正









撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


cf6月下旬 

ついでにウォーキング