<例 30_1 百日草
栃木県の「花之江の郷」で撮影
  絞り
f 2.8 露出補正 +0.6EV の写真
  を四つ切りのの縦横比( 5:6 )にトリ  
ミングした。            .



< 例 30_2 オートブラケット設定
  補正幅を0.6EVにして、撮影順をマ 
  イナス、適正(0と表示)、プラス補正  
 の順番で撮るように設定した。
   .


-0.6EV ±0.0(適正) +0.6EV
f 2.8
f 4.0

f 5.6
撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


撮影技法 No.30 大量撮影術 1枚を選択する眼を養う

cf8月上旬 

ついでにウォーキング

 ついでのウォーキングは写真を多く撮るほうだが、お天気しだいの土日カメラマンが、無闇に撮りまくっている訳ではない。今回は、大量撮影術の一例について紹介したい。



1.撮影手順(一例)
 <例 30_1 百日草 >を例に、大量撮影術の手順の一例を紹介する。
 (1) 被写体を見つけたら、よく観察してから三脚にカメラを固定する。
 (2) ピントを花の中心 (又はシベ )に合わせる。
 (3) オートブラケット機能をオンにして、露出補正量を 0.6EVに設定する。<例 30_2>
 (4) 絞り優先モードで、f 2.8にしてシャッターを切る。
    カメラが自動的に適正露出から -0.6EV、±0EV、+0.6EVの3枚を連写する。
 (5) f 4.0にしてシャッターを切る。同様に -0.6EV、±0EV、+0.6EVの3枚を連写する。
 (6) f 5.6にしてシャッターを切る。同様に -0.6EV、±0EV、+0.6EVの3枚を連写する。

2.評価と選択 
 このようにレリーズを3回押すと9枚の写真が撮れる。手動でもオートブラケット機能と同じことが出来るが、機械的な操作はメカの方が確実で早いので、カメラに任せている。
このカメラではシャッター速度にもよるが、毎秒3枚の連続撮影ができるので、9枚撮っても時間は1分間とかからない。ただし、手持撮影では難しいので三脚は必需品だ。
 さらに条件を変えて撮影することもあり、1枚のために数十カット撮ることもある。そして、撮影した大量の写真の中から1枚を選ぶことが、次の作業になる。
素人カメラマンでも大量の写真を評価 ・選択することが必要な時代になったようだ。
 今回は、ボケの効果が大きく立体感があり、真夏の日差しの強さを表現できた f 2.8、+0.6EV の条件の写真を選択した。
 

単に数の多い many や量の多い much ではなく、条件を考慮して撮影するので、multi shooting
  と名付けたい。

撮影枚数は多いが、帰りの交通機関の中で駄作は削除するので、持ち帰るデータはそれほど多くない。この大量撮影術は、フィルムカメラでは費用の点からも難しかった。
しかし、デジタルカメラでは実に簡単に出来るので、この特徴をもっと活用することを薦めたい。
カメラの性能は飛躍的に良くなり、技術を知らなくても、きれいな写真をカメラが撮ってくれる時代だ。
大量撮影術は簡単になったが、感性を磨くこと、最適な1枚を選択する眼力を涵養するこが、一層求められる時代でもある。