これまで紹介した撮影技法 花を撮る(その1)~(その8)では、一部を除いてコンパクトデジタルカメラによる作例 を掲載していた。今回は、マクロレンズとマイクロフォーサーズの一眼による少し本格的な撮影技法を紹介したい。

【ポイント】 思い切り寄り、造形の面白さと質感を描写する
(1) マクロレンズが真骨頂を発揮するのは、肉眼では確認できないような微細な部分を
   写し取り、造形の面白さや手触り感も伝わるほどの質感を描写したときだ。
(2) 構図を決め、手ぶれも防止するためにも、しっかりした三脚が不可欠になる。
   雲台は軽く操作しても確実に固定できる自由雲台を使用したい。特にマクロ撮影の
   場合、シネ雲台ではパン棒がカメラのフリーアングルモニタと干渉して使いにくい。
(3) 次に光線状態を選ぶことも重要だ。順光のべた光線はあまり適さない。細部まで
   はっきりと見せるには斜光線が好ましい。フィールド写真の光源は太陽なので斜光
   線を利用できる時間帯は、太陽の位置が低い朝か、夕方に限られる。植物が元気
   な朝のうちが撮影時間帯と思って、植物園は開園と同時に入りたい。

【注意点】 マクロレンズでは、被写界が極端に深度が浅くなる。ピントはマニュア
       ル操作で、見せたい箇所にしっかり合わせたい。


【作例解説】 共通条件 : 90mm相当マクロレンズ,DMC-G1
< 例 38_1 > バラ
 千葉県野田市の清水公園で9時30分頃に撮影したバラだ。太陽光は花の左上がから差し込む半逆光線になっている。レンズは絞り開放で、背景はきれいにボケ、花びらのビロードのような質感が表現されている。昨夜降った雨が水滴になり、太陽光を反射してキャッチライト※1のような効果も生んでいる。
 <撮影データ> f 2.8,1/1000秒,-0.3EV
< 例 38_2 > シュウメイギク
 白い秋明菊の花心を逆光気味に撮った1枚だ。中央の雌しべの先端の繊維が逆光で輝いて見え、肉眼では確認できない世界になっている。典型的な日の丸構図だが、放射状に広がる濃淡のある白い花びら と 雄しべの黄色 と 雌しべの薄緑の3色で画面をシンプルに構成して、花心の造形の面白さを表現した。
 <撮影データ> f 4.0,1/5000秒,-0.7EV
< 例 38_3 > メキシカンブッシュセージ
 綿毛のふわふわ感を表現するために、ぎりぎりまで近づいて、風が止むのを待って撮影した。ピントを合わせた中央の花の繊毛の1本1本がはっきりと、しかも柔らかく描写されている。これは優秀なレンズだ。
 <撮影データ> f 5.6,1/640秒,-0.3EV

※1 人物の顔写真を撮影する際、瞳に映りこませる光のこと。 【catchlight】
    瞳に適度な光を映りこませると、生き生きとした輝きのある表情が演出できる。
<IT用語辞典>

造形の面白さの表現に走ると、切り花や鉢植えを設備が整ったスタジオで撮影した写真(スタジオ写真)と区別が付かなくなってしまう。
ついでにウォーキングは、フィールド写真を目指すので屋外の香りを残すように心掛けている。

撮影技法 No.38 花を撮る (その8 ) マクロレンズを使う

cf10月中旬 

ついでにウォーキング











< 例 38_1 バラ



< 例 38_2 シュウメイギク



< 例 38_3 ふわふわのセージ


 






撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る