撮影技法 No.42 カメラテスト(その1) 発色の違いを調べる

ついでにウォーキング

 銀塩カメラと異なり、デジカメではメーカーごとに発色の違いが大きいことが気に
なっていた。今回は趣向を変えて、手持ちのカメラで同一の被写体を撮影したときの
発色の違いを調べたので、結果を紹介したい。


1.調査目的
  手持ちの機材を利用して、カメラメーカーによるJPEG画像の発色の違いを
  調べ、被写体に適したカメラ選びの参考にする。

2.調査方法  
 ① 使用カメラ  結果表に記載
 
② 同一の被写体を3種類のカメラで撮影し、比較・検討する。
 ③ 共通条件
   ISO 100 , 絞り優先モード f 5.6 , ホワイトバランス 自動 , 評価測光,シーンモード なし ,
   三脚使用 , 各カメラにクイックシュー取付, 保存形式 JPEG

3.調査結果  
 ① 条件1では、Cが露出オーバー気味で色が淡く、Sはコッテリした感じになっている。Pは、
   それらの中間的な発色を示した。
 ② 条件2では、Cが空の色、芝のグリーンとも実際と異なり、きれいな色を作っているようだ。
   Pが記憶の色に最も近い発色になっている。
 ③ 条件3では、Sがややコッテリ系の色のノリを示した。

4.考   察  
 Cは全体に明るくかつ綺麗な色に補正をするようで、C社のやや過剰気味の画造りが反映さ れているようだ。Cで撮影するときは、露出をマイナス側に補正して撮りたく なってしまうのは、そのためかもしれない。Sは全体的に色の乗りが良く、紅葉の撮影などには適しているだろう。 Pは、この3者の中では、平均的で素直な発色をする。
 3台だけだが、デジカメの発色はメーカーによって異なることを確認できた。

 いつも使用するカメラはどうなのか機会を見つけて再確認するとこを薦めたい。

 ついでにウォーキングでは、Pの画の発色をスタンダードとし、TPOに応じてデジカメを使い分けたいと思う。









<例 42_1 水元公園

結果一覧 :Panasonic
LUMIX G1
14~45mm
(35ミリ換算28~90)
:Canon
Power Shot G10
6.1~30.5mm
(35ミリ換算28~140)
:Sony
α-350
SIGMA 18~200mm
(35ミリ換算28~300)
    条件1
 遊具のイエロー
 発色を調べた。
   条件2
 空のと芝の
 に着目した。
   条件3
 半逆光ぎみに渋い
 レンガ色のノリ具合
 をみた。
撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


都立水元公園
開園時間 随時
休 園 日  なし
入 園 料  無料
・交   通 
 JR常磐線金町駅から京成
 バス(戸ヶ崎操車場または
 西水元三丁目行き)水元
 公園下車 徒歩7分