乾燥注意報が毎日のように出される頃は、空気が澄んでいて遠景がすっきり見える。
特に都会の夜景は美しい。高層ビルの一部では展望室が完備し、暖かい室内から撮
影できるが、この時窓ガラスの反射が写り込み、折角の夜景が騒がしくなってしまうことがある。今回は写り込みを防ぎ夜景をすっきりと撮る方法を紹介したい。

【ポイント】 写り込みを防ぐための原則から紹介したい。すべて、ついでにウォーキング流だ。
(1) 反射面積を小さくするために、窓ガラスに近づく。接触に注意!
(2) 反射面に室内の光が届かないように遮光する。

【 方  法 】
 右の図のようにカメラを設置する。
(1) 被写体を決めたら、窓ガラスにで
  きるだけ寄り(レンズ先端から 5
  cm以内にいたい)、ミニ三脚
※1
  にカメラを固定する。
(2) モニタを見ながら構図を決める。
(3) 暗幕をカメラの後ろに広げやすい
  
ように置く。きれいに折りたたむ必要はない。
(4) セルフタイマーを5秒にセットして、レリーズを押したら、暗幕でカメラ全体を覆う。
  この 時、暗幕の裾は、テーブルに付いていた方が下からの光線も遮光できる。
(5) シャッターが切れるまでの数秒間、指で暗幕をガラスに軽く押しつけておく。

   
カメラや三脚に引っかけて倒さないように注意したい!。

【作例解説】 共通条件 :絞り優先モード,PowerShot G10
<例 46_1> 使用機材
 コンパクトカメラで十分だが、RAWに対応していると現像がしやすい。ミニ三脚は安価だが意外なほどしっかりしている。卓上のミニ三脚、暗幕(ホームセンターなどで購入した黒い生地を60×60cm程度にカットして使用した。)暗幕は遮光できる布であれば何でも良く、ダークトーンならば風呂敷でも使用できるはずだ。

<例 46_2> よくある失敗例
 ハート型に並んだキャンドルと窓に貼られたハートのマークの向こう側に東京タワーが見えるポジションだ。窓から3mほど離れ、手持ちで撮影した。色々なものがガラスに写り込んで画面が騒がしい※2
 <撮影データ> 30mm,f 3.2,1/15秒,ISO 800


<例 46_3> 暗幕なし
 上記の【方法】から、暗幕だけがない状況の撮影例だ。画面下に写り込みがある。
 <撮影データ> 90mm、f 4.5 0.8秒 -1EV,ISO 80

<例 46_4> 暗幕使用
 暗幕で、遮光した例だ。写り込みはなくなり、すっきりした。
 <撮影データ> 90mm、f 4.5 0.8秒 -1EV,ISO 80

暗幕

テーブル、
踏み台など

※1 三脚が大きいと、ガラス面との距離が離れて、不要な反射を拾いやすい。
※2 キャンドル、ハートマークの中の避難口の誘導灯、HAPPYの左側には、回廊の反対側のガラス、
   モニタ画面もある。特にハートマークの中心にカメラマンが幽霊のように浮かび上がるのは避けたい。

  カシャッ

ガラス

撮影技法 No.46 夜景を撮る(その3 ) 写り込みを防ぐ

cf1月中旬 

ついでにウォーキング











< 例 46_1 使用機材
ミニ三脚(全高17cm、110g)は、家電
量販店で購入980円。黒い生地は、 .
ホームセンターで購入1m540円   .



<例 46_2 よくある失敗例


< 例 46_3 暗幕なし


< 例 46_4 暗幕使用
 レフ板と同様に費用をかけなくとも、
小道具と知恵を使うことで、きめ細 
かな表現ができる。        
_




 






撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る