書籍 著者、『署名』、出版社 コメント
松田 二三男(まつだ ふみお)
 『カメラの腕が上がる』
 ごま書房 昭和53年
 作例写真は1枚もないが、大変分か
 りやすく、松田氏のノウハウが凝縮
 した写真の指導書。
松田 二三男(まつだ ふみお)
 『傑作カメラ術』
 ごま書房 昭和53年
 上記の続編で、被写体別に傑作を
 一発で決めるコツを短い文章で説
 明している。ついでにウォーキング
 の中で「
○○術」という表現が多い
 のは、本書の影響だ。
竹村 嘉夫(たけむら よしお)
 講談社現代新書
 『写真を撮る』
 講談社 昭和57年
 銀塩時代の著書だが、写真に対す
 る取り組み方から始まり、実用テク
 ニックまで解説している。テキストと
 して推薦したい。
渡部 雄吉(わたべ ゆうきち)
 趣味創作シリーズ
 『旅の撮影テクニック』
 日本交通公社 昭和61年
 100頁ほどの本だが、旅行写真な
 ら、これ一冊で十分だろう。作例が
 素晴らしい。
冨成 忠夫(とみなり ただお)
 撮影ハンドブック2
 『野草を撮る』
 山と渓谷社 昭和60年
 花(植物)の撮影は、冨成氏の作例
 を真似ることから始まった。真似をし
 たい作品には、今でも付箋が付いて
 いるが、到底及ばない。
  ついでにウォーキングが三脚を重
 視するのは、本書の影響だ。
白旗 史朗(しらはた しろう)
 『高山植物入門』
 見分け方と写し方
 山と渓谷社 昭和50年
 高山植物の見分け方は、本書で学
 んだ。高山植物から、始まっている
 ので、園芸種のオダマキより先にミ
 ヤマオダマキを覚えた。
  白旗氏は、ウエストレベルファイン
 ダーの6×6で傑作をモノにしている。
 ついでにウォーキングがフリーアング
 ルモニタに拘る理由はここにある。
白旗 史朗(しらはた しろう)
 『白旗史朗の山岳
 写真テクニック』
 山と渓谷社 昭和52年
 何とか上手い山の写真を撮りたい
 と思い、手にしたのが本書だ。構図
 の多くを学んだ。白旗氏の山岳写
 真集は多いが、基本はここに述べ
 られているようだ。
撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る 


 写真は、被写体、日時、場所、天気や使用機材などを全く同一条件にすることなど出来ない一期一会の世界だ。

 真似ただけで同じ写真になることはない。 

 徹底的にまねると、自分の考えを入れたくなる。それは、もうオリジナルだ。

撮影技法 No.52 参考図書  真似のすすめ

ついでにウォーキング

 何事も我流では、上達は望めない
学習:学んで習うこと。「学ぶ」の語源は「まねぶ」であり、現代語では真似るということになる。
「 習う 」 = 「
(なら)う 」 = 「 模倣(もほう) 」 で、やはり真似ることだ。上達のために、これ
良いと思った人の作品を真似ることから始めると効果的だ。
 今回は趣向を変えて、ついでにウォーキングが銀塩時代に参考にしたり、真似をした写真家
とその著書を紹介したい。いづれも古いが、図書館ならあるはずだ。今でも、読み返すとなる
ほど
と思うことがある。

 ネット上には、撮影のテクニックなどを紹介したサイトが多数ある。 しかし、

 個人のサイトでは、当人の思いが強過ぎるものが多く、教科書とは言いにくい。
・・・ついでにウォーキングも、その一つなので、偉そうなことは言えない。・・・・

 また、カメラメーカーなどの企業のサイトでは、自社製品への誘導が見え隠れするなど標準的なテキストとは言いにくい。

 個性的であっても、偏りが少なく、しっかりと書かれた本で勉強することを薦めたい。