<例 62_1 機材の準備・点検
平成23年7月26日
第45回葛飾納涼花火大会




<例 62_2 開始1分前> 
f 4.5 2秒がほぼ適正 ISO 80









撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


撮影技法 No.62 花火を撮る(その1)    cf.7月下旬

 今回から数回にわたり、花火の撮り方について、ついでにウォーキングが気を付けていること紹介したい。花火の場合、特に準備が重要になる。

【ポイント】 段取り八分
※1・・・撮り始めるまでの準備が重要
 平成23年7月26日の第45回葛飾納涼花火大会の撮影を題材に、花火の撮り方を紹介したい。撮影に入るまでの準備が重要だ。これを怠ると良い作品にならない。

1.機材の準備 ・・・ 現地に行く前に準備し、点検しておく。
<例 62_1>に今回準備した機材を示した。
① デジカメはマニュアル撮影
※2対応ならコンデジで十分だ。予備電池は必需品。
② 三脚は撮影技法No.60に示したものを使用した。水平をしっかり出したいので
 水準器もほしい。 
③ レリーズ 長時間露出になるので、これも必需品だ。ちなみに、同じメーカーな
 ので銀塩カメラの電子レリーズが、そのままコンデジでも使えた。
④ LEDライト 手元用ライト:カメラの設定などの確認用。歩行用ライト:土手な
 どには、普通街路灯はない。必需品だ。
⑤ ザック ①~④を収納する。三脚の手持ちは見物客も多く危険だ。

2.服 装・・・夜の河川敷でヤブ蚊が多いので、長袖・長ズボンにしたい。
        手の甲や首回りには防虫スプレーを吹いておきたい。

3.撮影ポイントの選定
 水面に映る花火も撮りたいので、川岸ぎりぎりに陣取った。こういう所は見物の人たちもあまり居ないが、転落に十二分に注意したい。すべて自己責任だ。当然、立ち入り禁止区域は撮影ポイント外だ。

4.撮影前の露出確認・・・花火開始の直前に露出条件を決めておきたい。
 <具体例> 絞りを f 4.5 に固定しシャッタースピードを1,2,4秒と変えて取水塔を撮影した。その結果シャッタースピード2秒を基本条件とした。この条件で撮ると、取水塔は<例 62_2>のように写る。

※1 だんどり【段取】とは、① 一般に物事の手順。順序。「段取を付ける」 ② 用意。工夫。
   の意味だ。段取り八分とは、仕事を進める上で、事前の準備がいかに重要かを表した言葉。
   仕事の段取りをキッチリしておけば、その仕事は8割完了したも同然であるという意味になる。
   この言葉の後に、「仕上げは二分」と続くこともある。

※2 ピント合わせも、露出の調整もすべてマニュアルで操作できる機種が好ましい。花火のシーン
   モードもあるが、意図どおりにならずイライラするので、フルマニュアルのほうが使いやすい。
   コントラストオートフォーカスでは、とてもピント合わせが間に合わない。フォーカスロック
   機能で、前景に合わせておくこともできるが、ピンぼけが多いので、マニュアルフォーカス
   モードで無限遠に固定する。露出も上記(4)で基準値を決めておき、花火の軌跡を長く残し
   たいときは、シャッタースピードを倍にしたら絞りを1段絞るというように柔軟に変更したい。

コンデジのシャッタースピードにはバルブの機能も欲しいが、使用中のコンデジには付いていない。この機能は、花火の撮影には是非とも欲しい。

ついでにウォーキング