<例 67_1 サギソウの全景>
f 4.0 、1/40秒、60mm相当、
CL No.2 使用 ISO 320   
.


<例 67_2 クローズアップ>
 f 4.5 1/25秒、140mm相当、
CL No.2使用、ISO 320まだ、
背景がうるさい。     



<例 67_3_ フラッシュon>
f 4.5 1/250秒、140mm相当、
CL No.2 使用 ISO 320 
 。 
フラッシュ光量1/4     .
屋外の感じを残しつつ、背景を
ある程度単純化できた。  
 .





撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


 背景が、うるさくテーマが引き立たないときがある。クローズアップレンズで接近して背景をぼかすこともできるが、それでも無粋ながモノがあるときは、日中シンクロ(昼間にフラッシュを使用すること)を利用して、背景を目立たない程度にアンダー(露出不足)にする方法も考えたい。

【 ポイント 】シンクロ速度の速いデジカメを使う
(1) レンズシャッターのコンデジは高速シャッターでもシンクロする。
(2) 下図のように、デジカメから被写体までの距離 a と比べて被写体と背景まで
  の距離bが十分に大きいこと。

【原 理 】 
 上の2条件のもと、太陽光に
頼らず、フラッシシュ光を主光
源として早いシャッターを切る
とテーマは適正露光でも背景は
極端にアンダーになり暗くなる。
ただし、bはaの数倍の距離が
必要だ。

【注意点 】 
 フラッシュを主光源としてたクローズアップ撮影のため、露出計もデジカメのフラッシュ制御機能も十分に働かない。1カットのために数多くの露出条件で撮ることになる。

【作例解説】 共通条件 : PowerShot G12,CL No.2 使用
<例 67_1> サギソウの全景 
 背景は管理事務所の壁とサギソウと書かれた白い名札とプランターの赤玉土で、いずれもボケてはいるが、煩雑でテーマが浮き出てこない。
<撮影データ> 60mm相当、f4.0 、1/40秒

<例 67_2> アップ
 少し右に回り込み、いっぱいにズームして最短距離まで近づいた。レンズ先端からサギソウまで20cm程度だ。アップにはなったが、まだ背景がうるさい。
(a≒20,b≒70cm )
<撮影データ> 140mm相当、f4.5 、1/25秒

<例 67_3> フラッシュon
 シャッタースピードと内蔵フラッシュの光量を変更しながら20枚ほど撮影した中の1枚だ。次の条件の時にほぼ満足できる1カットになった。シャッタースピードと絞りを任意に変えたいので撮影モードはマニュアル※にする。
<撮影データ> 140mm相当、f 4.5 、1/250秒、フラッシュ光量 M 1/4 

 単純計算だが(シャッタースピード6段階)×(フラッシュ光量3段階)=18段階の露出条件
  になる。混雑しているときなどは、全ての条件で撮影する時間はないが、経験を積めば数条
  件撮りモニタで確認すると適切な条件を判断できるようになる。

背景はフラッシュ光が十分届かず、露出はアンダー
花は適正露光になるようフラッシュ光量や絞りを調節

ついでにウォーキング

撮影技法 No.67 花を撮る(その19) 日中シンクロ_2    cf.8月中旬