<例 80_1 補正なし f 2.8
この場合、補正しない方が
花が引き立つようだ。
  .


<例 80_2 補正あり f 2.8





絞り 画像 コメント 参考
2.8  シャッタースピード 1/2000秒
 肉眼で見る限り、青空にムラはないが、開放絞りでは、画面四隅に向かって、アンダーになっていくのが分かる。これが、周辺光量の低下と呼ばれる現象で、どんなレンズでも程度の差はあるが発生する。画像編集ソフトで、補正した画像を右の参考の欄に示す。
4.0  シャッタースピード 1/1000秒 
 レンズの絞りを絞ることによって、改善するが、f 4ではまだ残っている。 
同様に補正できる
画像省略
5.6  シャッタースピード 1/500秒 
 f 5.6まで絞ると、周辺光量の低下は、ほぼ解消される。
 補正不要
8.0
 シャッタースピード 1/250秒
 f 8 になると、さらに改善され均一になってくる。
補正不要

撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る


撮影技法 No.80 カメラテスト(その5) 周辺光量の低下

cf10月下旬 

ついでにウォーキング

※1 LEICA DG MACRO-ELMARIT 1:2.8/45 ASPH  ライカカメラ社の品質基準に基づきライカ社が認定した
   測定機器と品質保証システムによって生産されるレンズのひとつ。
   (某レンズメーカーのOEMといわれる。このレンズにはMade in Japan とある。)
     ELMARIT : ドイツの光学機器メーカー、ライカ社が自社または認定したレンズに冠する名称のひとつ。
       F2.8の明るさのレンズをELMARITと呼ぶ。 F値によって付けられた名前は以下のとおり。
       F1.4 SUMMILUX(ズミルクス) F2.0 SUMMICRON (ズミクロン) F2.8 ELMARIT (エルマリート)
       F3.5以上 ELMAR (エルマー)
     ASPH : Asphericalの略 アスフェリカル、非球面(レンズ)使用の意味 Aspherical = A + spherical
       A : 否定を表す。 spherical : 〈物が〉球形[球状]の,丸い;球面の;球(体)の

※2 周辺光量 読み方 : しゅうへんこうりょう
    レンズ(の作る像)は中心が明るく、周辺ではやや暗くなる性質があり、この周辺の明るさをこう呼ぶ。
   周辺光量が不足しているレンズでは、画面上でも四隅が暗くなるのですぐ分かる。特に広角レンズや、大口
   径なレンズほど目立つことが多い。    <写真用語辞典> 一部修正、 ( ) 内は補足

4.結果と考察   
 ① f 2.8 では四隅が、かなり露出不足になる。
 ② このレンズでは、f 5.6 まで絞ると周辺光量の低下は、ほぼなくなった。
 ③ 程度の差はあるがレンズには各種の収差がある。周辺光量の低下は明るいレンズほど
   大きい傾向があるが、これは画像編集ソフトで簡単に補正することができる。この補正
   プログラムを組み込んだデジカメも出始めた。デジタルなので出来る小技だろう。
 ④ 実際の被写体ではどうか。<例 80_1>にホテイアオイの無補正の写真を示す。絞りは
   解放の2.8だ。<例 80_2>は今回の実験で分かった補正パラメータを適用した。機械
   的に均一の明るさを求めると<例 80_1>になるが、作品としてはバックの葉がアンダ
   ーな<例 80_2>の方が、花に弱くスポットライトが当たるように見えて好ましい。

5.まとめ
 レンズの周辺光量は、簡単な実験で調べることができるので、試してみることを勧めたい。
機材の(弱点を含めて)その特徴を十分に理解すると、作品創りに活かすことができる。
 

 カメラ雑誌には、カメラやレンズの性能特集があり、専門の測定機器で調べた結果が掲載されている。
 周辺光量は簡単な実験で調べるとこができる。数値化はできないが、実際に即した方法だ。
 これは、写真を始めた頃、先輩方から教わった知恵のひとつだ。
 情報化は加速度的に進むが、それを活用する知恵が伝わっていないようだ。ついでにウォーキングが撮影技法を載せる理由は、ここにもある。


 花のアップを撮るときは、90mm相当のマクロレンズ※1の出番が多くなった。このマクロレンズは優秀だが、開放絞りでは周辺光量※2が、かなり低下する特徴も持っている。今回は簡単な周辺光量の調べ方、補正方法と実際の取り扱いの知恵を紹介したい。

1.目  的   45mmマクロレンズについて、絞りの変化による周辺光量の低下の程度を
          調べる。また、画像編集ソフトを利用して、その補正を行う。
2.方  法  ① 快晴の青空にレンズを向けて、カメラを三脚に固定する。順光線
          ② 絞り変えながら青空を撮影する。絞り優先モード ISO100
          ③ 画像編集ソフトを利用し補正する。
3.機  材  LUMIX G1(ミラーレス一眼) , 45mm f 2.8 マクロレンズ、三脚
4.結  果  結果を下表に示す。
平成23年10月30日(日) 都立水元公園にて