撮影技法 No.84 イルミネーションを撮る    cf.12月中旬

ついでにウォーキング

※1 (英 illumination) 数多くの色とりどりの電灯を用いて建物、船などを飾る装飾。電飾。<国語大辞典>
※2 オーストリアのスワロフスキー(Swarovski ) 社のクリスタルガラス。通常のクリスタル・ガラスと比べ 、
   酸化鉛の含有量が多い。酸化鉛(PbO)を30%以上含むをといわれる。光の反射加減により虹色に見える
   ことがある。<WEB情報>  重量感があり、透明度が高く、柔らかい。食器類には不向き


 クリスマスに限らずイルミネーション※1を撮るのは今回が初めてなので、あまり参考にならないが、撮影前に調べたこと、現場で注意した点を作例とともに紹介したい。

【 準  備 】
 イベントのテーマを知ることから始めた。表参道ヒルズのオフィシャルサイトには 『 Dream Mgagic Christmas ~幸せな魔法にかけられて~ 』 とある。デザイナーはウォルト・ディズニー生誕110周年を記念して DREAM をテーマとし、スワロフスキー・クリスタル
※2のクリスマス・ツリーの周囲にディズニーの110のキャラクターをシルエットで配置して、夢空間を展開しようとしたことが分かる。デザイナーの意図に沿った撮影を心掛けた。

【 ポイント・注意点 】 
 ① 危険なため、三脚や一脚は使用せず、すべて手持ち撮影とした。
 ② 小さなLED光源をかっちり写すと現実的になり、テーマにそぐわない。夢を演出する
   ため説明的写真を除き、光源を大きくぼかすことを心掛けた。明るいレンズを使用し
   絞りは開放とした。90mm相当のマクロレンズ使用
 ③ シルエットがテーマのときは、露出はマイナス側に数段階補正した。
 ④ 画面の荒れは、特に好ましくないので、ISO感度の上限は400とした。
 ⑤ 夢空間なので現実の人びとは、できるだけ画面に入れないようにした。

【作例解説】 共通条件 : DMC-G1,90mm相当マクロ,WB:晴れ,RAW保存
<例 84_1> オーロラ姫
 モデルを眠れる森の美女のオーロラ姫にお願いした。上半身が画面の右3分の1を占めるようにフレーミングし、照明がパープルになるのを待って開放絞りで撮った。
 <撮影データ> f 2.8 ,1/80秒 ,ISO 400,-1.3EV

<例 84_2> シンデレラ
 モデルをシンデレラにお願いしたが、ツリーとの位置関係から、<例 84_1>と同じアングルにすると、厚さ5cmの黒い板になってしまう。そこで、後ろのガラス板に反射するツリーを背景に、歩廊を人が通り過ぎるのを待ってローアングルから撮影した。
 <撮影データ> f 2.8 ,1/60秒 ,ISO 320,-1.3EV

 今回の写真は、背景に電飾があるものの、最も苦手にしているポートレイト写真だ。モデルが良いので何とか撮ることができた。  
      

 cf特集No.73 表参道ヒルズ










  <例 84_1 Princess Aurora
 f 2.8 1/80秒 90mm相当 -1.3EV


     <例 84_2  Cinderella 
 f 2.8 1/60秒 90mm相当 -1.3EV


撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る