<例-3 カメラ収納-2>
銀塩時代は、温度差が大きな場所でカメラを使用する(特に冷所から高温多湿の環境に移る)ときは カメラ、レンズ、フィルムはポリ袋に入れで密閉し、同じくらいの温度になってから取り出すようにいわれていた。正直にこれを守ると数時間使えないこともある。
 某カメラメーカーの初代Fは喧嘩のときの武器になるといわれるほど頑丈だったが、フォトミックTファインダーがいまひとつ華奢で、ちぐはぐな組み合わせから現場での扱いに苦労した。デジカメは電子化がさらに進み、一部のタフネスが売りの機種を除き、湿気、衝撃、ダストには銀塩カメラよりも弱く
なっている。そのことを理解してデジカメを扱いたい。

ついでにウォーキング


 花々の少ない冬場は、温室のある植物園に行くことが多い。いきなり、温室内でカメラを取り出すと冷えたレンズなどに結露して、レンズが曇ってしばらく撮影できないことがある。カメラが周囲の温度に馴染むまで温室内をゆっくり巡ることもあるが、時間に余裕がないときも多い。今回は、そんなときに役立つ小技(こわざ)を紹介したい。
 出発前に少し準備が必要になるが、簡単な工夫で結露を少なくすることができる。


【ポイント】 キルティングのカメラケースに使い捨てカイロを貼り付けておく。
 当日の出発前に、キルティングなどのカメラケースに、使い捨てカイロを貼り付けておくと、カメラが冷えるのを防ぎ、レンズなどへの結露をある程度少なくできる

【注
点】 
(1) 使い捨てカイロをカメラに直接貼ることは厳禁だ。フラップの内側などが適当だ。
  また、カメラケースには、熱が直接カメラやレンズなどに伝わらないためにもある程度
  の厚みとクッション性があるものが適している。<写真-1>には QUILTING CASE
  となっているが、フラップの付いたキルティングの袋だ。ザックの中がわずかに暖かい
  程度で十分で、カメラをザックから取り出したとき結露しなければよい。
(2) 結露というとレンズだけに関心がいくが、カメラ内部の撮像素子や電子回路も同様
  に冷えている。防水カメラでない限り、外気はカメラ内部に侵入する。撮像素子や電
  子回路で結露が発生すると、致命的な故障になりかねないので十分に注意したい。
(3) また、レンズの内部で結露するとカビの原因になることがある。

【利用方法】 ・・・ ついでにウォーキング流
 ついでにウォーキングは、機材の運搬に専用のカメラバッグを使わない。汎用の薄手のキルティングケースとソフトなレンズポーチで機材を保護し、そのままザックに入れている。ザックは少し高価でも、しっかりした作りのモノを使用したい。今は、ハイキング用のデイバッグを使用している。ザックの底部にタオルか季節によってはウールのベストを入れ、その上に機材を詰めることにしている。フラッシュもキルティングの巾着袋に入れて隙間に詰め込む。最後にザックの両側のコンプレッションベルトを軽く引いてバタつかないようにする。
 銀塩時代から、この方法で機材などのパッキングをして山歩きをしたが、パッキングが原因で機材が故障したことはない。














<例-1 カメラケース


<例-2 カメラ収納-1





<例-4 フラップを閉める



撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 

撮影技法 No.91 温室撮影の小技 事前の準備