春まだ浅い頃、やっと顔を出した植物たちは背が低いものが多く、上から見下ろしたように撮ると、うつむきかげん※1の花を巧く表現できない。今回は、三脚を使用せず、小さく軽いコンデジだから簡単にできる超ローアングルのテクニックを紹介したい※2

【ポイント】  手のひらを上に向けて地面におき、その上にコンデジを乗せて撮る。
 コンデジをマクロモードにして、思い切り被写体に接近したい。手ぶれ防止機能は是非欲しい。フリーアングルモニターがあると楽な姿勢で撮影できる。花と同じ高さからマクロモードで撮ると、コンデジでも背景をぼかすことができる。

【注意点】 

① カメラの構え方の一例を示したが、手やカメラの大きさなどで構え方が変わる。ぶれ
  にくい構え方を練習してから本番にのぞみたい。
  今回は、左手の人差し指と中指を揃えてコンデジの重さを受け、親指と薬指でコンデ
  ジを挟む感じで握っている。
② 花壇と道の境目付近に咲いている花を丹念に探したい。マクロモードは広角側でしか
  機能しない機種が多く、30cmも離れると大写しにならない。 
③ 花壇に踏み込んだり、手を突かないように注意したい。
④ 手の甲が多少汚れるが仕方がない。素手の方が細かな調整がしやすく、手ぶれも少
  ない。ウエットティッシュなどを携帯したい。念のため、滑り止めの付いた木綿のドライ
  バー手袋をザックに常備している。

コンパクトデジタルカメラ マクロモード
地上3cm程度 手のひらの厚みに相当
花とレンズ先端までの距離は、約5cm
コンデジのマクロモードだが良く写る。侮れない。

※1 俯き加減 : やや下を向いたような。 俯(うつむ)き:顔を伏せること。また、そのさま。
    加減(かげん):接尾語、ややそのような具合であることなどの意を添える。

※2 
撮影技法No.56 では、フィルターアダプターとクロースアップレンズを利用したコンデジによる望遠接写
   のテクニックを紹介した。今回は、アクセサリーは不要でコンデジのもつ性能をそのまま活用している。
   キヤノンのG12だが、マクロモードでは広角端の28mm相当では、レンズ先端から1cmの被写体に
   ピントが合う(カタログ性能)。 しかし、28mm相当では歪曲収差が大きく、寄った割には背景が今ひと
   つボケてくれない。
   実験すると、このデジカメは60mm相当までならば、レンズ先端から5cmまで寄れることが分かった
   ので、今回は50mm相当前後の焦点距離を利用した。

地面

花壇    通路側


ついでにウォーキング

撮影技法 No.92 超ローアングル コンデジのマクロモードを見直す  cf.2月下旬












<例 92_1 手の平に乗せる


<例 92_2 親指、薬指で握る


<例 92_3 セツブンソウ



撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る