No.04 向島百花園  平成22年4月10日    cf.4月上旬
キジムシロ(雉筵)
バラ科
シジミバナ(蜆花)
バラ科
ムラサキケマン
(紫華鬘) ケシ科
ミツバツツジ
(三葉躑躅) ツツジ科
イワヤツデ
(岩八手) ユキノシタ科
シャガ(著莪)
アヤメ科
ヤブレガサ(破れ傘)
キク科
ハナカイドウ
(花海棠) バラ科
トウグミ(唐茱萸)
グミ科
スミレ( 菫 )
スミレ科
シロバナタンポポ
(白花蒲公英) キク科
ノボロギク
(野幌菊) キク科
 
<特集目次>に戻る <Home>に戻る


ついでにウォーキング

 『(当園は、)江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に、骨董商を営んでいた佐原鞠塢※1 が、交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て、花の咲く草花鑑賞を中心とした花園として開園されました。百花園とは、一説では「四季百花の乱れ咲く園」という意味で、つけられたとされます。開園当初は、360本のウメが主体でした。その後、詩経や万葉集などの中国、日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようにしました。唯一現代に残る江戸時代の花園です。』 リーフレットの冒頭より引用
 4月に園内で見られる花々の一部を紹介したい。

向島百花園
【住  所】 東京都墨田区
        東向島3-18
【開  園】 AM9:00~PM5:00
        入園は16:30
【休  園】 年末・年始
        12/29~1/3
【入園料】 一般 150円
【交  通】
  ・東武鉄道伊勢崎線
   東向島駅 徒歩約8分
  ・京成電鉄押上線
   京成曳舟駅 徒歩13分
  ・都営バス 亀戸-日暮里
   (里22)百花園前 下車
   徒歩約2~3分 

※1 佐原鞠塢:さはらきくう  1764年?-1931年 奥州仙台の出身。俗称 平八。日本橋住吉町で骨董商を営み、
    当時の一流の文人墨客と交流があった。本所に隠棲後、文化元年(1804)旗本・多賀氏の屋敷跡を買い取り
    庭園を造る。  < すみだ郷土文化資料館 の資料による>
     なお、園内の「茶亭さはら」の主人の佐原滋元(さはら しげもと)氏は、佐原鞠塢から8代目にあたるという。
    佐原氏の運営する墨東歳時記に詳しい解説がある。

向島(むこうじま)
 (1) (隅田川の向こう岸に島のように見えたところからの称)東京都墨田区、隅田川の東岸にある地名。
   郊外の景趣に富み、墨堤の桜・百花園・三囲(みめぐり)社・牛島神社などが知られた。
 (2) 東京市の区の一つ。
   昭和22年本所区と合併して墨田区の北部となる。   <国語大辞典 小学館 >



       
 
 都立向島百花園は、毎月訪れても多数の花々を観察することができて、飽きることがない。
 ついでのウォーキング一押しのスポットだ。コースを紹介しておきたい。
cfコースNo.04
 
特  集