コース No.04 向島百花園から隅田公園  cf.9月上旬

ついでにウォーキング

 1.東向島駅(写真左)
  東武鉄道伊勢崎線 東向島駅 からスタートする。
 改札口を出て、すぐ右(東)の商店街を南下するように進む。このあたりの東武線
 は高架で、この駅の1階から3階までが東武博物館になっている。
 2.東武博物館
  鉄道好きには、ウォーキングの始めから寄り道になってしまうかもしれない。
 博物館のホームページでは、次のように紹介されている。
  「東武鉄道(1897年 明治30年)の創立90周年を記念して、1989(平成元)年5月
 20日にオープンした鉄道博物館。博物館の真上を走行する車両を至近距離から
 観察することができるできる。」

 3.向島百花園※1
  右側に1720系デラックスロマンスカー見ながら進み、右折(東)してガードをく
 ぐる。明治通を横切り5分も歩くと向島百花園に着く。
 入園料 一般及び中学生 150円
   
 ※1墨田区東向島三丁目  交通機関は東武線の他に、京成電鉄押上線
   「京成曳舟」下車 都営バス 亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車      
 4.花の案内板
  庭門をくぐるとすぐ右に、今見られる花の案内板があるので、数枚撮っておき
 たい。案内板は草本類と木本類に分けて、その花が咲いている地区の番号も
 載っている。その番号を入口でもらった案内図から探すと、花の咲いている場所
 が分かるようになっている。
  季節にもよるが、案内板の花をひととおり見るには園内を数回廻ることになる。
 5.庚申塔と子育地蔵尊
  園内の散策と撮影が終わったら入口に戻り、西へ進み200mほどで、突き当た
 りを左側(西)に折れると墨提通りに出る。首都高速6号向島線の出口になって
 いる。
  緑に覆われた一角に庚申塔と子育地蔵尊が祭られている。
 6.吉備団子(きびだんご)
  地蔵坂通商店街の道を渡ると、吉備団子の専門店※2がある。墨提通りを渡る
 と、草餅の店※3がある。そのまま約2kmほど南下すると、言問団子※4、さらに
 進むと、長命寺の桜餅※5と和製スイーツの店が並ぶ。

  ※2 墨田区東向島1-2-14  ※3 墨田区堤通1-5-9   
  ※4
 墨田区向島5-5-22    ※5 墨田区向島5-1-14 
 7.弘福寺(こうふくじ)※6
  長命寺の隣にあり、山門や本堂の屋根が中国風ですぐ分かる。
 黄檗宗(おうばくしゅう)の名刹。咳や口中の病にきく咳の爺婆尊がある。勝海舟も
 青年時代にこの寺で修行したという。七福神の布袋尊を祭る。
 
  ※6 
墨田区向島五丁目3番2号
 8.咳の爺婆 (せきの じじばば )
 
 本堂の右手の小さな祠(ほこら)の中に、一対の石像がある。
 「咳の爺婆」といい、風邪や百日咳のひとが参詣すると良くなると
 いわれる。
   cf.番外編 咳の爺婆尊
 9.隅田川を渡って浅草へ
  弘福寺の裏側から、桜橋を渡り、隅田川を見ながら堤防を南下する。時折遊覧
 船や水上バスが通る。写真は東京水辺ラインが運行する水上バスの「さくら」だ。
  さらに1kmほどで、東武線、東京メトロ銀座線、都営浅草線の浅草駅に着く。
 (約12000歩)
コース<Index>に戻る  <Home>に戻る