No.45 柴又帝釈天・山本亭  平成23年7月20日    cf.7月上旬
 アベリア スイカズラ科
 江戸川土手から帝釈天に
 向かう途中で見られる
 法師修行の図
題経寺の周辺には木彫
𨗉溪園
たたみの廊下
𨗉溪園
 中 庭 
 𨗉溪園
 庭に周囲には廊下
 𨗉溪園
 池の上にも廊下
 山本亭
 長屋門のステンドグラス
山本亭
広 間

山本亭
 旧玄関の襖絵
山本亭
 銅(あか)の火鉢
山本亭
 電話機

<特集目次>に戻る
<Home>に戻る


ついでにウォーキング

 一般に柴又帝釈天と呼ばれるが、正式な名称は経栄山題経寺( きょうえいざん だいきょうじ という。帝釈天とは、インド最古の聖典リグ・ヴェーダ では、軍神・武勇神インドラと呼ばれる神とされている。題経寺と寺に続く𨗉溪園(すいけいえん)と山本亭の一部を紹介したい。

【住  所】 題経寺
       東京都葛飾区柴又
       7-10-3
       山本亭
       東京都葛飾区柴又
       7-19-32
【交  通】 京成電鉄
       柴又駅 歩約10分

       
特  集