コース No.06 都立水元公園を歩く(春から初夏)  cf.5月下旬

ついでにウォーキング

 1.JR金町駅から「しばられ地蔵」へ
  JR常磐線金町駅の南口から、京成バス※1に乗り、しばられ地蔵バス停で下車
 する。岩槻街道を渡り、東水元公園を右に見て北東に約200メートルほど道なりに
 進むと「しばられ地蔵」※2を奉る天台宗 業平山 南蔵院(なんぞういん)に着く。

  ※1 2番乗り場 系統「金61」 戸ヶ崎操作場行  京成バスのHP
  ※2 cfしばられ地蔵
 2.桜土手へ
  お参りを終えたら桜土手を目指す。山門をの前の道を左(東)に20メートルほど
 行き、また左(北)に150メートルほど進むと桜土手に出る。4月上旬ならば桜が満
 開の堤になっている。
 3.堤を越えて菖蒲田
  堤の北側は、見渡すかぎり都立水元公園※3である。6月上旬から下旬にかけて、
 1万4千株、約100品種20万本のハナショウブが咲き競う。

  ※3 東京都立水元公園  葛飾区水元公園 東金町5、8丁目
       開 園    昭和40年4月1日 
       面 積    819,540.87平方メートル    樹木数 19,100本
       特 徴   水元公園は小合溜に沿って造られた都内で唯一水郷の景観をもった公園
 4.みさと公園
  小合溜(こあいだめ)※4の対岸には、埼玉県三郷市の「みさと公園」が広がって
 いる。
  ※4 小合 『 室町時代は「小鮎(こあゆ)」と言われ、戦国時代には「小鮎」が転じて「小合」になって
           いたといわれる。地名は、おそらく川の鮎との関連で名付けられたと考えられる。』
           <東京都葛飾区のHPより>
 5.紫陽花(アジサイ)も見られる
  小合溜を右にみて、北上すると左側には、紫陽花も多数見られる。
 雨上がりの日などは特に見栄えがする。
 
 6.池にはスイレンも
  池では、スイレン(睡蓮)※5も見られる。
 
 ※5 スイレン(Water Lily) 熱帯から温帯にかけて分布するスイレン科スイレン属の水生の多年草の
     総称。日本では、ふつう外国から導入した観賞用の洋種スイレンをさす。スイレン属の野生種は
     世界に約50種あるが、日本にはヒツジグサ1種のみが分布する。交配種や園芸品種は、池や
     沼、植物園などでいろいろな種類が栽培されている。 <Microsoft(R) Encarta(R)>

 .ポプラ並木
  水元大橋を渡って北上すると高さ20mに達するポプラ※6が約1.2kmに及ぶ並木
 道がある。

 ※6 ポプラ(Poplar) ヤナギ科ヤマナラシ属の約35種の高木の通称。おもに北半球に自生する
     寿命が短く生長のはやい木である。 <Microsoft(R) Encarta(R)>

 7.時計台も
  札幌市を思わせる時計台がある。さらに、北上すると生きていると化石呼ばれる
 メタセコイアの森もあり、北海道の気分が味わえる。
  さらに、かわせみの宿を過ぎ、水元公園の北端に達する。公園の門を出てすぐ
 右(北)の大場川閘門橋を渡れば、バス停(大場川)がある。往路と同じ京成バス
 で、JR金町駅南口に戻る。
コース<Index>に戻る  <Home>に戻る