1.目黒駅からスタートする
  JR山手線目黒駅の東口を出ると、ロータリーに沢山のタクシーが並びウォーキン
 グとは場違いな印象を受けるが、まずは東京都立庭園美術館を目指して、目黒
 通りを東に進む。首都高速2号線の下が、上大崎の交差点※1になっている。
 この交差点の100mほど先が、庭園美術館の入口だ。ここは、もう港区白金台
 になっている。

 
※1
この交差点の三角形の安全地帯にも色々な植物があり、4月中旬ならばシバザクラに見事に
     咲いている様子が見られるだろう。


 2.左に大きな看板
  歩道の左側に大きな看板が見えたら、庭園美術館※2の入口に到着だ。

 ※2 入園料は、庭園のみの場合と美術館も見学する場合で、異なるので注意したい。
     庭園のみ 一般200円、美術館入館料(庭園入場料を含む) 展覧会によって異なるので、
     
HPなどで事前に確認した方がよいだろう。ちなみに、館内は撮影禁止になっている。  


 3.アールデコ様式  
  写真左の美術館は、朝香宮あさかのみや邸として1933年(昭和8年) に建てら
 れた建物をそのまま美術館として公開したもので、1920年代から1930年代にかけ
 てヨーロッパの装飾美術を席巻したアール・デコ様式※3を現在に伝えるものとい
 われている。

 ※3 1910年代から30年代にかけてフランスを中心にヨーロッパで流行した装飾様式。直線と立体を
     多用した知的で静的な装飾性が特徴。1925年パリで開催の装飾美術展に由来し、「1925年
     様式」ともいう。 <広辞苑第4版>


 4.日本庭園も
  庭園は、芝生広場・日本庭園・西洋庭園の3つのエリアに分かれている。西洋庭
 園ならば、5月と10月頃には多くのバラが見られる。日本庭園には、左の写真のよ
 うにカエデが多く、初冬には紅葉が美しいはずだ。
  芝生も庭園も全体に良く手入れがされていて、気持ちが良い。花の見頃は庭園
 美術館のホームページの「季節の花カレンダー」で確認できるので、下調べをして
 から出かけたい。

 
 5.すぐ隣に自然教育園
  園内を2周ほどしたら、庭園美術館を出て、目黒通りを東に100mも行くと自然教
 育園がある。正式名称は「国立科学博物館附属自然教育園※4」という。

 ※4 季節によって開園時間が少し異なるので注意したい。
     9/1〜4/30 9:00〜16:30 (入園は16時まで) 5/1〜8/31 9:00〜17:00 (入園は16時まで)
     休園日 毎週月曜日 (月曜日が祝日・休日の場合は開園)
    入園料 一般 300円 入園時にリボンを渡され、入園中は胸に付けことになっている。

 6.路傍植物園
  園内には、路傍植物園・武蔵野植物園・水生植物園の3つの植物園があり、それ
 ぞれの植物には、左の写真のような標識が付いているので、分かりやすい。是非
 カメラを持ってウォーキングに行きたい。特に路傍植物園は通路が広く撮影しやす
 いが、三脚などが散歩の人の邪魔にならないよう気を付けたい。
  自然教育園のホームページには、バーチャルウォークのコーナーもあり、四季
 折々の散歩コースをパソコン上で、擬似的に体験することもできる。


 7.イチリンソウの群落
  一般の植物園は、人工的に植えた植物が多く、1輪から数輪程度で群落の見ら
 れるところは少ないが、自然教育園は十分に広いこともあり、多くの植物の群落が
 見られるところが嬉しい。
  園内に食事ができる店はないが、ベンチは所々にあるのでランチは弁当がいい
 だろう。また、隣の庭園美術館には食事もできるカフェがあり、入園しなくとも利用
 できるので、カフェテラスでランチもいいかもしれない。
  休日を十分に楽しんだら、目黒駅に戻ろう。

コース<Index>に戻る  <Home>に戻る


コース No.16 庭園美術館から自然教育園へ  cf.4月中旬

ついでにウォーキング