今回から、数回に分けて基本的な構図について紹介したい。適切な作例が撮れたときしか紹介と解説ができないので、とびとびになるかもしれないが、日の丸構図から始める。

【ポイント】 画面の中央に主題を配置する
 画面の中央に主題(見せたいもの)を配置する構図を日の丸構図という。

【注意点】
@ まず、被写体をよく観察する。
A 撮影モードは、「絞り優先」が適している。
B 植物園等では柵の中に入ったり、三脚を入れることは出来ないので、腕を 伸ば
 して撮影することも多く、手ぶれ防止の意味でも日中シンクロが役に立つ。

【作例解説】
 <例 03_1> 日の丸構図
 正面から撮影した都立向島百花園のアジサイだ。天気は小雨が上がったところで、日中シンクロ(撮影技法No.02)を使い、薄紫の花びらが適正露出になるようにフラッシュの光量を補正をした。ねらいどおり背景は黒く沈み、フラッシュ光で水滴を強調して、みずみずしさと同時に花と周囲の葉のみを浮き立たせることができた。良い被写体と雨上がりという好条件に恵まれて撮影できた1枚だ。
 しかし、中央一点型または、日の丸型と呼ばれる構図で、安定しているが奥行き感が少なく、変化にやや欠ける。
 <撮影データ> PowerShotA650IS,60mm相当,f5.6,1/60秒,−0.3EV
        フラッシュ使用(オート、補正なし)

<例 03_2> 三角構図
 被写体の左側にポジションをとり、画面右側にもアウトフォーカスにアジサイの花を配して、控えめにフラッシュを使用して撮影した。3つの紫の花を直線で結ぶと三角形になり、奥行き感を出すことが出来る。
 <撮影データ> PowerShot A650 IS,90mm相当,f5.0,1/100秒,
        ー0.7EV,フラッシュ

撮影技法 No.03 日の丸構図  cf.6月下旬 












<例 03_1 日の丸構図



例 03_2 三角構図


撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


ついでにウォーキング