撮影技法 No.103 スイーツを撮る (その2) 室内編  


 撮影技法No.100 では屋外でスイーツを撮るテクニックを紹介したが、ちょっと恥ずかしこと以外、特に難しいことはない。今回は、室内でスイーツを撮るときの注意点を紹介したい。屋外と比べて制約が多く難しくなる。

【ポイント】 マナーを守って撮る

 店にも、お客さんにも迷惑を掛けないことが大原則だ。

【マナーとテクニック】  具体的には次のようにしている。
 ① 空いている時間に店に行き、電子音を消したコンデジで撮る。
 ② 店に入ったら、光線の状態を読んで席を決める。空いているからできる。
 ③ 窓があれば窓際にしたい。ただし、強い直射日光や完全な逆光の場合は避ける。
 ④ 店内は屋外よりも暗いため、感度を上げて手持ちで撮る。
 ⑤ フォトジェニックなスイーツを選ぶ。
 今まで店内の撮影では、すべてこれらの条件を守って撮影しているが、屋外での撮影と比べて難しい。

【注意点】 撮影に当たって守っていることは、次の注意点のとおり。
 ① 空いている時間帯を利用する。 ② 三脚も一脚も厳禁だ。 ③ フラッシュも控える。
 ④ バシャバシャとシャッター音の大きい一眼レフも雰囲気を壊すので控えたい。
 ⑤ お客さんや店内をむやみに写さない。店内を撮るときはお店の了解が必要だ。
 ⑥ 撮影に時間を掛けない。店は写真スタジオではない。さっと撮ってゆっくり味わたい。

【作例解説】
 共通条件 : PowerShot G12、手持ち
<例 103_1> オレンジノワゼット

 ある都立公園の近くのスイーツの店だ。喫茶コーナーでお茶にできる。できるだけ窓際の席に着くことにしている。この時、被写体の右側が窓になり、十分に明るく好条件だ。
やや引きすぎて説明的な写真になった。インパクトは弱い。
 <撮影データ> 50mm相当、f 4
.5、1/60秒、ISO 100

<例 103_2> 言問団子
 有名な言問(こととい)団子だ。窓際に座り、ISO感度を上げて撮影した。窓が多く室内が明るいため、全体に光りがまわり柔らかい感じに撮ることができた。影が弱いため、餡の質感描写にやや欠けるが、ここまで撮れれば十分だろう。
 <撮影データ> 60mm相当、f 3.5、1/60秒 ISO 320

<例 103_3> フレジェ
 イートインコーナーが奥まった所にあり外光は全く入らない。全体照明が蛍光灯で白熱灯のダウンライトがある。色温度の設定が難しい場面なのでRAW形式で保存し、撮影技法No.94 を活用して現像した。ケーキを少し斜めにして立体感を出すようにした。
 <撮影データ> 70mm相当、f 3.5、1/50秒 ISO 400

<例 103_4> 抹茶ババロア
 カメラは単眼なので、それに合わせて片目で見るとカメラの気持ちが分かる
。ババロアが乗ったお盆を少し廻しながら観察すると立体的に見えるところがある。照明は変更できないが、これなら簡単にできる。カメラの気持ちが分かると写真は上手くなるはずだ。
 <撮影データ> 40mm相当、f 3.2、1/40秒 ISO 200

 ISO感度を上げて撮るので画面が、やや荒れるが仕方がない。
 感度を上げても、画面の荒れない(高感度耐性があるという)コンデジの登場を待ちたいが、近頃、撮像素子の大きなコンデジが発売された。
 さっそくと言いたいところだが、昨年はデジカメ2台、今年は既にレンズ1本、三脚1台を購入している。しばらくは内需拡大に協力できない。

 3Dカメラは、2つの撮影レンズがあるが、普通は1つで平面的にしか写らない。被写体の位置を少し
   動かし立体的に見えるポジションとアングルを探したい。












<例 103_1 オレンジノワゼット


<例 103_2 言問団子


<例 103_3 フレジェ


<例 103_4 抹茶ババロア



撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング