撮影技法 No.100 スイーツを撮る (その1) 屋外編  


 撮影技法も100本目を迎えた。こんなに続くとは思わなかったが、これからも、普段から留意していることで、相応しい写真が撮れたものを紹介していきたいと思う。
 今回は、趣向を変えてスイーツを撮るテクニックを紹介したい。まず、比較的簡単な屋外で撮影するときのポイントからはじめたい。

【ポイント】  
基本は花をアップで撮るときと同じで、花を撮るシリーズの (その8)(その10)(その11)(その23)などが役立つ。掲載が前後するが、撮影技法No.78 は本技法を活用してマクロレンズとクローズアップレンズの描写を比較をした。スイーツは風で揺れないので花よりも、背景や光線の状態をじっくり考えて撮ることができる。

【注意点】

① スイーツを持って公園などに寄るので、移動中や箱から取り出すときに傷つけないよう
 に気をつけたい。公園の近くのショップを利用することにしている※1
② 天気は光が良くまわり、柔らかく描写できる薄曇りが好ましい。
③ 荷物は重くなるが三脚は必需品で、手持ちではピント位置を固定して背景や光線の状
 態を考え、露出や絞りを変えながら撮影することはできない。


【作例解説】
<例 100_1> セッティング

 都立水元公園の近くの店で購入したケーキ2個※2とペットボトルの紅茶を公園のテーブルの上に並べた。後ボケを活かすた約10cm間隔に置いている。全景と位置関係
 <撮影データ> 40mm相当、f 5
.0、1/200秒、DMC-G1

<例 100_2> マクロレンズ
 マクロレンズに交換し、手前のイチゴのタネにピントを合わせ開放絞りで撮影した。薄曇りだが、被写体の左側に少し影ができて立体感がでた。また、黒いブドウの皮表面にキャッチライトが入り新鮮な感じも併せて表現できた。
 <撮影データ> 90mm相当マクロレンズ、f 2.8、1/2500秒、DMC-G1

<例 100_3> パンプキンシュー
 形のおもしろさに惹かれて買ったパンプキンシューだ。すぐ隣に公園があり、御影石の椅子(オブジェ?)の上に置き、コンデジをマクロモードにして撮影した。背景を単純化するためシューを手前に置き、やや上から撮影し雑多な背景が入らないようにしている。
 <撮影データ> 28mm相当、f 2.8、1/640秒、マクロモード、PowerShot G12

<例 100_4> ちょい悪
 上記と同じ店で購入した抹茶ロールケーキだ。楓のヘアーとわらび餅のほお、小豆の目がつり上がり、ちょい悪を演じているところが面白い。急に雨が降りそうなくらいに暗くなったのでフラッシュを光量1/4に補正して入れている。小豆の目にキャッチライトが入り、表情がでた。ケーキを斜にして(上から見ると左に少し回転させた)ちょい悪を強調した。
 <撮影データ> 28mm相当、f 2.8、1/80秒、マクロモード、フラッシュ1/4補正
            PowerShot G12

※1 喫茶コーナーのないショップで買ったスイーツを公園など雰囲気の良いところで頂くことにしている。
※2 撮影が終わるとケーキは、おなかの中に消えていく。スイーツの撮影が止められない理由はこのあたり
   にありそうだ。ついでのウォーキングは必修メニューだ。












<例 100_1 セッティング


<例 100_2 マクロレンズによる


<例 100_3 コンデジのマクロモード



<例 100_4 フラッシュも活用




撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング