撮影技法No.40 では、フラッシュの多灯技術を紹介したが、今回は、ザックに常備する小道具の厚紙をレフ板の代用とし、影を弱めて花を撮る方法を紹介したい。

【用語解説】 レフ板(reflector board )撮影用の採光反射板。
 レフレクター(又は、リフレクター)だけでも反射板の意味があるが、レフ板と呼ばれる。小さなものから巨大なものまである。撮影用ザックには、写真用紙の袋に入っている白い台紙がいつも入っている。全く費用はかからない。大きさはA4(用紙サイズ 210mm×297mm) の白い厚紙だ。

【方 法】 右の図のように使用する。
(1) 被写体に対して太陽と反対側に置く。
  または、手で持つ。
(2) カメラのモニタを見ながら、レフ板の反射
  光を花に当て不要な影が、薄くなる位置
  を探す。
 何の変哲もない白い厚紙
だが、けっこう太陽光を反射
し、薄い影ならば十分弱める
ことができる。両手を使うので
三脚は必需品だ。ワイヤーに白い布を張り、小さく収納できる市販品もあるが、小さな花の場合A4の厚紙で十分だ。

【作例解説】 共通条件 : DMC-G1,28-280mm相当ズームレンズ,絞り優先モード
<例 45_1> 紅冬至(梅)
 快晴の公園で撮影した。被写体の右上に光源(太陽)があるため、上側の花びらの影が出ている。また、枝も影に入っていて、全体的にやや暗い印象になった。
 <撮影データ> 280mm,f 5.8,1/500秒,-0.3EV
<例 45_2> 白い厚紙
 レフ板の代用にする白い厚紙。写真用紙の台紙を流用している。
<例 45_3> レフ板使用
 レフ板を花の左下約30cmのところで、花びらの影が薄くなる角度に調整し、シャッターを切った。撮影条件は同じだが、少し明るくなってシャッタースピード速くなった。厳冬に咲く一輪の紅冬至の可愛らしさを表現できた。
  <撮影データ> 280mm,f 5.8,1/640秒,-0.3EV

レフ板に使用する厚紙

  カシャッ

 費用をかけなくとも、小道具と知恵を使うことで多彩な表現ができる。
ついでにウォーキングのモットーは、安近短と創意・工夫だ。

撮影技法 No.45 花を撮る(その10 ) 簡易レフ板を使う

cf1月上旬 

ついでにウォーキング









< 例 45_1 レフ板なし


<例 45_2 白い厚紙


< 例 45_3 レフ板使用

 






撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る