撮影技法 No.02 では、内蔵フラッシュによる日中シンクロ技術を紹介したが、今回は外付けのフラッシュがある場合に活用できる多灯発光の技法を紹介する。

【ポイント】 フラッシュをカメラから離して、スレーブモードで使う。










【注意点】
 ① 撮影モードは、「絞り優先」が適している。
 ② 三脚か一脚は必需品だ。外部フラッシュをしっかり持つことに注意がいくので、カ
   メラもフラッシュも手持ちでは、被写体をフレームに納めることも難しい。
 
【作例解説】
 <例 40_1>は、撮影技法 No.02 による撮影だ。バックは黒くアンダーになり、バラは浮き立って見える。小雨のなかでの撮影だが、水滴の存在感があまりない。
 <撮影条件> 50mm相当,絞り優先モード,f 4.5、1/250秒、ISO感度80
           内蔵フラッシュ 光量1/2補正
 そこで、
 <例 40_2>では、内蔵フラッシュに加え、汎用のフラッシュ(特定のカメラ専用ではない。)をスレーブモード※2で使用した。横からの発光により、各花びらの右側にうっすらと影ができて立体感が出ている。また、花びらに付いた水滴も反射している。
バックは<例 40_1>よりも更にアンダーになり、バラが一層浮き出ている。
 外部フラッシュの光量は、カメラ側から制御できない。モード切替スイッチの上のダイアルを回して光量を調節した。条件を変えて大量に撮影することになる。今回はこの1枚のために結果的に33枚撮っている。
 <撮影条件> 50mm相当,1/400秒、-0.7EV、内蔵フラッシュ 光量1/4補正、
           外部フラッシュ使用

 今回も大量撮影術の出番になった。その中からマイベストの1枚を選択する眼が必要とされる。
 一輪の前で20分ほど粘って撮影したが、時おり小雨がパラつき、公園に人がいないので、できた小技だ。
 ついでにウォーキングの道は段々と難行苦行になってくる。

撮影技法 No.40 花を撮る (その9 ) 多灯発光     cf10月下旬              ついでにウォーキング

 被写体とカメラとフラッシュ※1の位置関係は右の図のようになる(平面図)。
 今回は立体感を強調したかったので、フラッシュは被写体とカメラを結ぶ線とほぼ直角で、カメラから見て左側に配置した。
 カメラは三脚に固定するが、フラッシュは手持ちになるので、厳密な位置合わせはできない。また、その必要もなく数枚撮って調節すればよい。

※1 フラッシュ(Electric Flash ) : 写真撮影用の閃光装置のひとつ。キセノンガスなどを封入した放電管
   に 高圧電流を通じて、極めて短時間に昼光に近い光を出す装置。
   ストロボ(Strob) :ストロボリサーチ社製 のフラッシュ。元来は商品名である。
※2 フラッシュの動作モードの一つ。受光部に受けた他のフラッシュ閃光がスイッチとなり発光する。
   <写真 40_03> モード切替ダイアルを SLAVE に切り替える。








< 例 40_1 内蔵フラッシュ


< 例 40_2 内蔵+外部フラッシュ


< 例 40_3 フラッシュの設定

 






撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る