撮影技法 No.117 ディフューザーで影を弱く

cf10月中旬

ついでにウォーキング

 撮影技法 No.75 花を撮る (その20 ) 立体感を出す では、外付けのフラッシュにティッシュペーパーで覆面をして、光量を減らす方法を紹介した。今回は、これを応用して一眼の内蔵フラッシュにティッシュペーパーを利用したディフューザー※1を取り付け、影の柔らかい写真を撮る方法を紹介したい。作例を見れば効果が分かるはずだ。
  

1.ディフューザーの有無と効果
品種 : コンラッド ヘンケル
天候 : ときどき小雨
場所 : 千葉県習志野市
     谷津バラ園
ディフューザー使用










<例 117 バラ


被写体   ディフューザーの有・無  コメント
<無> <有> 
内蔵フラッシュと
ディフューザー
  ティッシュを8つ折りの短冊にして内蔵
 フラッシュに輪ゴムで止める。発光面に
 ピッタリ付けると減光フィルターにしかな
 らない。できるだけ膨らませて、発光面
 から離すように取り付ける。
  コツは、まずピッタリ付けてから、フラッ
 シュとティッシュの間に指を入れて円筒
 にふくらませると上手くいく。
本  棚  <無>の場合、本棚の背板や本の背表
 紙がてかり、いかにもフラッシュ撮影の
 きつい写真になっている。
 <有>では、大分緩和されている。
置物の馬  <無>の場合、背景に馬の顔、鈴や尻尾
 の影が強く出ている。
 <有>では、影を消すまでは無理だが柔
 らかな描写になっている。

撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る


2.注意点   
 ① ティッシュペーパーの取り付け方は、練習をしておきたい。
 ② ディフューザーは光の拡散と同時に光量を減少させてしまう。クローズアップなら、問題に
   ならないが、被写体が遠い場合に露出不足になることもある。その場合は絞りを開ける
   か、ISO感度を上げて対応する。
 

※1 撮影時、フラッシュの光を拡散し、被写体の陰影を少なくして撮影するための器具 
   diffuse <動詞> 拡散する diffuser:拡散するもの、拡散器
    内蔵フラッシュ用のディフューザーはカメラ用品のメーカーから約千円~数千円で色々なものが販売されて
   いる。その多くは特定のカメラ専用になっていて汎用性はなさそうだ。
    今回紹介したディフューザーは、作製に少し器用さが求められるが、費用はかからず、汎用性もある。
   発光面を大きくする方向で、もっと簡単にできるものを考えている。良いものができたら紹介したい。