撮影技法No.40 では、外部フラッシュを使用した多灯発光の技術を紹介したが、今回は、その応用テクニックを紹介したい。コスモスを例に背景をアンダーにせず、テーマだけを明るく、かつ陰影をつけて立体的に撮るテクニックを取り上げたい。

【ポイント】 フラッシュをカメラから離して、横から弱く発光させる








【 方 法 】
(1) ポジションとアングルを決めたら、カメラを三脚に固定する。
(2) 内蔵フラッシュの光量は最低限に設定する。スレーブ機能のある外部フラッシュの
  スイッチとして使用するためだ。今回は1/4に設定※1
(3) 外部フラッシュの光量も絞る。これも1/4に設定※1
(4) それでも、近接撮影では光が強過すぎるので、ティッシュペーパー8つ折り程度にし
  て発光部の前に仮固定する。フラッシュの減光フィルタとして利用するためだ。
(5) 外部フラッシュの位置を変えながら、電子レリーズを切っていく。

【注意点】
(1) 高速シンクロできるコンデジのほうが、適しているようだ※2。撮影モードは、「絞り
  優先」が適している。
(2) 三脚と電子レリーズは必需品になる。
(3) 撮影技法No.40 の応用なので、これをマスターしてから取り組みたい。

【作例解説】 共通条件 : 60mm相当,f 4.5,1/200秒,WB:曇り, 絞り優先モード
         PowerShot G12,フラッシュ:Panasonic PE-28S
<例 75_1> ノーフラッシュ
 本曇りで光は柔らかく廻っているが、陰影に欠け平面的な写真になっている。

<例 75_2> 内蔵+外部フラッシュ
 共通条件に加え、内蔵フラッシュの光量1/4を設定し、方法(4)で準備したフラッシュを被写体の左側約1mの距離から発光させた1カットだ。正面のコスモスから見れば仰角30度くらいになる。背景の明るさは、ほぼ同じだが、黄色いシベの右側にうっすら影ができている。また、花弁は<例 75_1>よりも明るく立体感がある。

<例 75_3> 覆面フラッシュ
 ティシュペーパーを8重にして、フラッシュの発光部を覆いワイドパネルで固定した。
ついでにウォーキングは、これを覆面と呼んでいる。工夫は要るが費用はかからない。

 カメラの露出補正はせず、外部フラッシュを被写体の横から、ごく弱く当てることで、不自然にならない程度の陰影をつけると立体感を出すことができる。
 自然光を補う程度に、ごく弱く発光させることが重要で、そのために、フラッシュ光をティッシュペーパーで押さえる工夫をする。

 今回も、大量撮影術の出番だ。
<例75_2> 1枚のために30カットほど撮影している。予備電池は必ず持参したい。

※1 機種によって、これらの設定は異なるので、手持ちの機材で確認したい。
※2 一眼では、まだ試していないが、機材が多く重くなるので、これはしばらく先になりそうだ。

ティッシュ
ペーパー

撮影技法 No.75 花を撮る(その20 ) 立体感を出す

cf10月中旬 

ついでにウォーキング










< 例 75_1 自然光



< 例 75_2 自然光+外部フラッシュ



< 例 75_3 覆面フラッシュ








 





撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る