ついでにウォーキング

 ほとんど風のないような天候でも広い公園では風があり、背の高い花は揺れて撮影に苦労することが多い。そこで、ついでにウォーキングの中で工夫して、それなりに上手くいっている( と思っている )テクニックを紹介してみたい。

【ポイント】 コンパクトカメラの優位性を活かす
 コンパクトデジカメは、レンズシャッターが採用されているものが多いが、高級コンパクトといわれる機種はシャッタースピード1/500秒でも、フラッシュとシンクロする。
このコンパクトカメラの特徴を活かすと、風に揺れる花を止めて撮影することができる。

【方 法】 シャッタースピード優先+フラッシュ
(1) 三脚または一脚にカメラをセットする。
(2) 大体の構図を考え、それより少し広範囲が写るようにズームする。( 多少のトリミング
  を前提にする。)
(3) 撮影モードは、シャッタースピード優先が適している。
  シャッタースピードは1/500秒または1/250秒とし、-1EVまたは-2EVの補正をする。
  「絞り」は、カメラが自動的に調節してくれる。 
(4) フラッシュをオンにする。フラッシュの光量を1/2または、1/4に設定する。  
(5) 風に揺れる花を観察しつつ、揺れが小さくなり、この位置がベストショットと思うほんの
  少し前で、シャッターを切る。
(6) (3)と(4)の組合せで露出は4通りあるので、その1パターンについて10回シャッターを
  切るつもりで撮影する。撮影毎にピントと露出をモニターで確認すれば、1つの被写体
  に40回シャッターを切る前にベストショットが見つかるだろう。

【注意点】
@ 被写体とカメラの距離とフラッシュのガイドナンバーから、すぐ「絞り」を計算できる方は
  マニュアルモードで撮った方が安心できるかもしれない。
A 近接撮影では、露出オーバーになることがしばしば経験される。この時はIS0感度を
  下げるか、内蔵フラッシュの前に薄手の白い紙(トレーシングペーパーなど)をテープで
  貼って光量を下げる工夫をする。
B 数多く撮り、マイベストを選びたい。

 撮影技法 No.13 花を撮る(その2) 道具にたよる 

 縦走フォーカルプレーンシャッターを採用する多くの一眼レフのシンクロ速度は、最高級の機種でも1/250秒であり、シンクロ速度に注目すれば高級コンパクトデジカメの方が一眼レフよりも高性能である。














<例 12_1 バラ (ソニア)
撮影 10月中旬         .
場所 谷津バラ園        .
  千葉県習志野市谷津3丁目    ..
露出 F 8.0 1/500秒 -1EV/
   フラッシュ使用 光量1/2補正   .    



<例 12_2 フジバカマ > 
撮影 10月中旬        .
場所 都立水元公.園     .
露出 F5.6 1/250秒 -1EV .
フラッシュ使用 光量1/2補正.












撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


撮影技法 No.12 花を撮る(その1) 風にも負けず     cf.10月中旬