「弘法筆を択(えら)ばす。」と言われるが、空海の詩文集『性霊集』※1によれば、筆選びに相当神経を使っていたことが分かるという。ついでにウォーキングでは、重厚長大のプロ仕様ではなく、軽薄短小かつリーズナブルな「お手軽」ツールに頼りたいと思う。今は植物園にも花の少ない季節なので、置物の撮影を通して機材利用方法を紹介したい。

1.三脚と自由雲台
 ピンポイントにフォーカスしたり、構図※2をしっかり決めるには、カメラを三脚などでしっかりと固定する作業が不可欠だと思う。しかし、プロ仕様の頑丈で大きく重い三脚は、ついでにウォーキング向きではない。
 理想的なものは少ないが、今は持ち運びを考え4段のアルミの三脚を使用している。
三脚に取り付けて売られている3ウェイ雲台(シネ雲台)は、植物の接写には向かないので、自由雲台に交換した。脚とメーカーが異なるが全く問題はない。
 全高146cm、最低高18cm( センターポールを分割 )、縮長46cm、重量1,240gである。特に縮めたときの長さが重要で、ザックの横に取り付けたとき、はみ出さないことが要件になる。混雑した電車に乗るときは、他の乗客に迷惑にならないように、自由雲台を一時取り外して脚部ごとザック内に収納するようにしている。
  三脚については、撮影技法 No. 29 . 60 , 121 等参照
  雲台については、撮影技法 No.109 等参照

2.クイックシュー
 撮影とウォーキングを素早く切り替えるため、ワンタッチでカメラを固定・開放ができるクイックシューは必需品になっている。小さくて確実に固定できるものは少なく、いまだに浮気が続いている。

3.フリーアングルモニター付コンパクトカメラ
 ついでにウォーキングでは、フリーアングルモニターの付いたコンパクトカメラを推薦したい。フルサイズの一眼レフと比べ撮像素子が圧倒的に小さいため、ボケが殆どないと言われるコンパクトカメラだが、反対に言えば被写界深度※3が深く、初心者的のクローズアップ撮影には、むしろ有利だと思う。

4.デイパック
 ついでにウォーキングでは、撮影機材の運搬にカメラバックは使わず、ハイキング用のデイパックを使っている。カメラ、レンズ等の機材はクッション性のある巾着袋(キルティングポーチ)か、ハイキング用の厚手の靴下に入れてザックに入れる。機材を詰めたらバタつかないように、ザックのサイドコンプレッションベルトを軽く締めておく。パッキングのコツは、これだけだが、今まで運搬中に機材が破損したことはない。ザックは単なる袋ではない。少し高価でも、用途や身体にあった高機能なものを選んで長くつきあいたい。
 

 ※1 性霊集 読み方「しょうりょうしゅう」。平安前期の漢詩文集。10巻。真済(しんぜい)が承和二年ころ
     に、空海の詩賦・碑銘・表啓・願文などを集成したもの。後に巻8、9、10が散逸したが、済暹(さいせ
     ん)が承暦三年「続性霊集補闕鈔」として補い、10巻に復した。遍照発揮性霊集。せいれいしゅう。
                                        <国語大辞典(新装版)小学館 1988>

 ※2 構図 撮影技法 No.05No.06No.11No.16No.20No.22No.32 を参照

 ※3 被写界深度 (depth of field) ピント位置に対して、ピントが合って見える前後の範囲。レンズの焦点
     距離と絞りによって決まり、被写体の背景や手前がぼけているような場合を「被写界深度が浅い状態」
     手前から奥までピントがあって見える状態を「被写界深度が深い状態」という。
                              <NHK 趣味悠々 シーン別デジタルカメラ撮影術入門>















<写真 13_1 今回のモデル


<写真 13_2 クローズアップ撮影 1


<写真 13_3 クローズアップ撮影 2 > 


<写真 13_4 ザックと三脚 > 








撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


撮影技法 No.13 花を撮る(その2) 道具にたよる   

ついでにウォーキング