< 自由雲台
状態の良い6台を紹介する


自由雲台 引退/使用中
 SLIK 2144 重量293g
  初めて使用した自由雲台で、社名のSLIKは「滑らかな」という意味の
 SLICKからきている。テフロンコーティングされたボールは滑らかに動
 いたが、固定にやや甘いところがあった。カメラは6×6判だったので、
 APS-Cのデジカメなら十分かもしれない。
 Velbon PH-253 重量169g
  マグネシウム合金製で軽いが、固定レバーがあるところで急に堅く
 なりロックしてしまうのでアングルの微調整に難があった。軽いが剛性
 は十分なので、工夫をして現役復帰させたい。
 SLIK 120QD 重量144g
  コンデジ専用の一脚の雲台として購入した。カメラの底に取り付ける
 シューが小さく、しっかり固定できないため、お蔵入りになった。
 SLIK SBH100 重量160g
  マイクロフォーサーズの一眼では荷が重い。これにクイックシューを
 取り付けると、コンデジでは十分期待に応えてくれるため、ウォーキン
 グ中心でコンデジだけを携帯するときは、一脚とともに出番がある。
 Linhof UNIVERSAL BALLHEAD I 003677 重量340g
  つまみを回し固定するときの感触は、今のところ、これが最も良い。
 急にロックすることなく、しかも少ない力でも確実に固定できる。ただし
 三脚の脚を選ぶ雲台のようだ。カーボン三脚のSLIK814専用になって
 いる。made in West-Germany の刻印がある。
 cf.撮影技法 №29
 Manfrotto 494  重量270g
  仕様では耐荷重4kg以下となっている。現在使用中のカメラ・レンズ
 の組み合わせの範囲では十分な剛性を示し、メインの機材になって
 いる。軽量級のわりには頑張っている。
  ただα55+60mmマクロ=980g と 接写用の微動装置440gの組み合
 わせを縦位置に固定したときにやや不安がある。
撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る


撮影技法 No.109 自由雲台を選ぶ

ついでにウォーキング

 野鳥やモデルの撮影などでは高級一眼レフが並び妍※1を競うが、多くの被写体の撮影はでコンデジの性能でも十分だと思っている。テクニックの不足をデジカメの機能で補うことはよくあるが※2、デジカメ(特に一眼)のモデルチェンジを追いかけるつもりはない。
 しかし、カメラを固定する雲台はそうはいかない。リーズナブル・軽量で希望のポジションとアングルに迅速かつ、確実に固定できるものは、なかなか無い。
 今はで植物園写真になってしまったが、銀塩時代から高山植物を撮っている。もう30年以上になるが、なかなか相性のよい自由雲台に巡り会えず浮気が続いている。在庫を調べると9台あった。今回はそのうち状態の良い6台を紹介したい※3

※1 けん【妍】 美しいこと。なまめかしく、あでやかなこと。「―をきそう」「―艶」「―姿」 <広辞苑>
※2
 撮影技法 花を撮る(その2) など。
※3 表中の重量は写真の状態のものを実測した。

スムーズに動き、しっかり固定するためには良質のグリスを使用することが必須だ。
シリコン系、リチウム系など数種類試したが今のところ、これというものがない。
 Linhofはノブのネジ部分にはモリブデン系、ボール部分には高粘度のシリコン系が使われていた。同等品を探しているが、シリコン系が見つからない。