<例 60-1 5段三脚全景




<例 60-2 重量

  5段三脚 3段三脚
最低高での比較
設置面積は3段よりも
5段の方が少なく、狭い場所
でも使える
被写体までの水平距離
 三脚の中央から白い紙の
上端までの距離を測った
18cm 24.5cm
全 高(エレベータ使用) 164cm 152cm
縮  長  43cm  54cm
重  量  1,172g 1,600g 

撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る


撮影技法 No.60 5段三脚を使う  意外と使える

ついでにウォーキング

 「5段の三脚では、クタクタでとても使えない。」というのが従来の考え方で、これまでも携帯用としても三脚は4段までにとどめていた。ところが、撮影技法No.59で紹介した5段一脚を使うようになると、意外とこれがしっかりしていることに気がついた。そこで、同じメーカーの三脚を購入し、撮影技法No.29を参考に自由雲台を取り付けると大変に具合が良いので、特徴と使い方を紹介したい。

1.3段三脚との比較
・・・脚が短いと、その分被写体に寄れる。 
  下の表に3段三脚との比較を示す。
 この5段三脚を使用するようになってから、ほかの三脚の出番が少なくなった。

 プレス加工ができるアルミニウムの特徴を生かした製品で、性能はカーボン製を凌ぐかもしれない。

 素材の特徴を十分に生かした製品を高く評価したい。
2.5段三脚の特徴
(1) 伸ばすと大きくなるが、たたむと小さくなる。大変軽いが、それなりにしっかりしている。
  マイクロフォーサーズのデジカメで、200mm程度のレンズを使用するのであれば、何とか
  使える強度がありそうだ。センターポールを伸ばすと弱い。
(2) 被写体までの水平距離が短い。
  これは重要なことで、植物園では柵があり花々に近づくことができない。カメラを固定する
  ために大型の三脚を使用すると、さらに被写体から遠ざかることになる。 この時、三脚
  の足が短いことは大変有利になる。
(3) 縮長が短いので、雲台を取り外さなくてもザックに収納することができる。

3.注意点
   脚を伸ばして固定する際に、ちょっとしたコツが必要になる。固定が甘いと倒れる恐れも
  あるため、必要十分な力で固定したい。